2017年04月01日

まる2年。(-_-;)

2年前の4月1日から介護職につきました。
職場に行くと自分のIDとパスワードがあり、それを入力して「事務連絡」と利用者様の「申し送り」をチェックします。
僕の施設では、入居者の方が70人ほどいるので始業時間より30分ほど前に行かないと不安なまま業務を始めなければならなくなります。

昨日認知症の利用者の方から僕に「もう殺してくれませんか」と訴えがありました。
そのおばあさんは80代でとても明るい方ですが、足が悪く、リクライニング(車いす)で一日を過ごされます。
「生きとるのもういいです」と話されるので、「あと30分すると昼ご飯で、今日は鰆(さわら)でめちゃうまですよ。鰆は柔らかくてあっさりと上品やから一度食べてみてください」と答えました。

しかし、「わたしはもう生きていたないの」と言われたため10分ほどその場から離れました。
「いいなずけのもんですが、元気にしてましたか」と再度話しかけると「どちらさんだったでしょうか?」とおばあさんが困ったような顔をされたので、おれおれ詐欺のように「いいなずけのさっとんです」とジャスチャーをまじえて話すと「すみません、忘れてしまってほんとごめんね」と笑顔が見え元気が戻ってきました。

うそも方便。
それ以降は今のところ「殺してくれませんか」とは言われてません。

認知症、難病、胃ろうの方と入ってこられる方々は大きな問題を抱えてますが、自分の状況を正しく伝えられない方たちの声に間違いなく対応する必要があるため経験と学習が不可欠です。

僕自身にも老化がしのびよってきているのか、仕事から家に戻るとウルトラマンがゼットンに倒されたような状態になることが増えてきました。
宇宙人が次から次と現れるのに圧倒され気味ですが、一日500回“ありがとうございます”と言うと状況は変わるという言葉を信じて仕事を続けている次第です。

posted by さっとん at 00:21| Comment(0) | 福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

言葉にする。

 「言葉にできない」ことは「考えてない」のと同じである。
                (株)電通  コピーライター 梅田悟司

“言葉にできるということは武器になる”ので、気づきをメモに書くようにしていると、記述というのはとても大切なことであると実感します。
メモを書くという行為は、頭の中を言語化することであることに気づきます。


 人間は言葉にしない限り概念をまとめることができない。「絵」や「図」はイメージをつかむためには有効だが、概念をきっちり定義するのは言葉しかできない技だ。
言葉は、少なくとも人間がつくりあげ磨き込んできた、現在のところもっともバグの少ない思考の表現ツールだ。
言葉を使わずして人間が明晰な思考を行うことは難しいということを、今一度強調しておきたい。
  (イシューからはじめよ  安宅和人 著)

 僕の職場では4月から提供する食事が停止になったため、弁当を持っていかなければなりません。
そのため昨日、コメリで弁当箱と弁当のレシピ本、野菜の苗を買いました。
このブログでも『今日の弁当』を公開していく予定です。

 ブログを書くことが武器になるのだとほくそえみながら、日々の思いを綴っていきたいです。

bentou170329.jpg



posted by さっとん at 23:53| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

直感力を高める数学脳のつくりかた  バーバラ・オークリー 著

 “ありのままの自分と、他の人とは違う特質に誇りを持ち、それをお守りにして目標を達成しよう!”

 GEOで立ち読みをしてた時に目に入った文章が気に入り購入。
この本では数学脳と謳ってますが、科目を問わず適用できる内容です。

 帯には読売新聞8月28日に、東京大学教授の細川範之氏が「脳科学や心理学的な知見を取り入れて、かなり具体的な学習法が書かれていて、受験生やその家族にとっては役立つ一冊だろう」と書評を書かれてます。

 僕のケースで言うと、ある科目を勉強し始めても途中で先延ばしにしてしまい、後でやることが増えてしまいモチベーションが低下してしまうパターンが多かったです。
「今日は英文を5つ覚えよう」と計画を立てたが、井上尚弥のボクシングを見てたらそちらに気がいってしまい「明日やろ」と先延ばしにしてしまいました。
“先延ばし”は、アルコールやたばこのように依存性があるとのことです。

 本書では“先延ばし”対策として「ポモドーロ・テクニック」を提唱しています。
集中モードに25分間入ったら休憩を入れます。(一日に3回以上が目安)
休憩の時間は拡散モードと呼ばれ、この時間が学習者にはとても大切なのだそうです。

長時間労働が見直しの風潮がある中、長時間の学習よりも上手にアタマを使うことに焦点を当てようというのがこの本のテーマのように思います。

学問に王道なしですが、基本は筋トレ同様コツコツ学習を進めていくことと説いてます。

 「集中モード」と「拡散モード」、「休憩」が学習にいかに大切かが非常によくわかりました。

http://www.lifehacker.jp/2014/07/140714pomodoro.html
     『Lifehacker 今日から始める生産性アップ術。ポモドーロ・テクニック再入門ガイド』

sugakunou170327.jpg
posted by さっとん at 21:57| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

せんべい・あられのコメが足りない。

 せんべいやあられに使われる原料米(くず米)の価格が高騰しており、米菓メーカーは外国産の採用を進めるなどの対応に追われてるそうです。

くず米とは、粒が小さかったり、割れたりして主食用に向かない米のことを言います。

味噌、焼酎、低価格の日本酒の原料にもなります。

 僕は1995年まで某米菓メーカーの営業職で大阪に住んでました。
当時はまだパソコンも携帯も普及してなかったので、ポケベルでした。
ポケベルが鳴ると公衆電話で事務所に連絡を入れます。
事務員が「問屋のセールスに連絡を入れてください」と用件を言われることが多かったです。
ほとんどがスーパーの新店応援か棚卸しで、うまく断るのもセールスの大事な仕事と言われてました。

 93年に記録的な冷夏による米不足でタイ米が流通しましたが、多くの日本人には不評でした。
今回の米不足は、主食用の米の作柄がよかったためくず米に回る分が減少したためです。
くず米の卸価格は2倍にはねあがり、資金力のない中小の米菓メーカーはまともな競争ができず状況は深刻なようです。

スーパーに行ったらせんべいかあられを買うように心がけたいものです。

<日経新聞170316 米菓用コメ 足りない   参照>

senbei170327.jpg
posted by さっとん at 23:10| Comment(0) | 新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

手打ちそば&すし 十八番(おはこ)

先週の10日にそば&すしの十八番(おはこ)に行ってきました。(^∇^)
夜7時20分に店に入るとお客さんが8人ほど入ってました。
僕はうどん派で、身近にそば屋さんがなかったので進んでそばを食べる習慣はありませんでした。

そば初心者の僕は手堅く鶏南蛮そば(750円)を頼みました。

仕事帰りだったのでビールを注文すると店員さんが「そばができるまで少し時間がかかるのでそばチップをつまみにどうぞ」と出してくれました。

これが不思議とビールにぴったりなのでした。
10分ほどで鶏南蛮そばが来ました。よい出汁を使っているのは素人の僕でもわかります。
出汁のコクと風味にゆずのイヤミにならない後味でとても余韻を引きます。

7475E82F-B031-4A06-901E-53DAA56387A2.jpg

C9B98B21-BBC2-4224-9099-C131489A844E.jpg
ビールのつまみのそばチップ♪( ´▽`)

29CA1B6D-E4E3-4C31-8632-8DA0464546B8.jpg
店内も明るくていい雰囲気でした。
posted by さっとん at 23:23| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

NEAT(Non Executive Active Thermogenesis)=非運動性熱産生

昭和40年代の日本では、メタボや糖尿病などのいまほど蔓延していませんでした。
なぜ今、生活習慣病に苦しむ人が増えてきたのか?

それが日常生活の過ごし方にあるという考え方がNEAT(Non Executive Active Thermogenesis)=非運動性熱産生です。

つまり、どこか行くのに車を使い、テレビやエアコン、ビデオはリモコン、買い物はインターネットと日常で動くことが極端に少なくなってきたことが原因です。

そうした日常生活を見直し、こまめに動くことでカロリーを消費させ、自律神経の働きを活発にさせて太りにくい体になります。

仕事が忙しくて運動する暇がないと言っててはよい仕事はできません。

 NEATは決して非難されるものではないはずです。(^-^)
posted by さっとん at 23:08| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

ヤミ残業は不正の温床

しばらくブログを休んでいると、「さっとん、どっか体調でも悪いのか?」などと心配してくれる方もいらっしゃるので毎日書いていきます。

パソコンの先生曰く、「ブログは読者に対しての生存・安否情報であり、安全・品質保証であるから、発信していくことが発信者の信用保証につながる」とことあるごとにおっしゃいます。
発信するということは世間に対しての自己主張でもあり、自分を知ってもらう手段の一つでもあります。

僕は要領が悪く、このブログを書くという作業も時間がかかってしまう傾向があります。その対策としてタイマーを5分に設定して自分の処理速度を知るようにしています。
また、ブログを書くスピードをあげる技術を上げていくために、メモを多く取らなくてなりません。

日経新聞(1/30)の“私見卓見”で社会保険労務士 玉上 信明 氏は「ヤミ残業は不正の温床になる」と訴えています。
ヤミ残業とは、時間外労働の過小申告のことをいいます。
ヤミ残業は会社への裏切り行為であり、「自分たちは効率よく仕事をしている」と経営者をだまし、ビジネスの基本である“事実の把握と報告”に反することです。
組織への信頼や他人を尊重する風土をむしばむ行為です。

ハラスメントの温床になり、人員配置、業務効率の経営情報を誤らせる恐れもあります。

僕の知人でも会社から交通費を一部しかもらってない人もいますが、自分さえ我慢すればよいという考え方はある意味利己主義とも言えます。

残業自体は収入も増えて悪くないことですが、大部分の会社が一生面倒を見てくれなくなってきている中、労働の安売りは慎むようになってもらいたいものです。


真実が為すすべもなく歪められ虚構の中にたたみ込まれる。
☆イブニング 2015 08.11 累(かさね)

posted by さっとん at 23:34| Comment(0) | 新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索