2013年08月29日

日本は近い将来核軍備を考慮すべきなのか?

 シリアのダマスカスで「21日にアサド政権が化学兵器を使用した」
ことで、国連が調査団を派遣。

欧米は軍事介入を考慮に入れてますが、中国、ロシアが反対するた
め、安保理決議は否決される模様。

シリアは北朝鮮から短距離ミサイル40基を購入したことから、イス
ラエルの攻撃もちらつかせて緊迫状態が続いてます。

 「知の逆転」のノーム・チョムスキー氏によれば、「国際舞台では、
核兵器を持っている国が明らかに強い交渉力を持ちますが、核戦争
を避ける力となる「核抑止力」にはならない」と説いてます。

キューバ危機、インド・パキスタンと人類は核戦争の危機に陥りまし
た。

「核兵器が存在する限り、遅かれ早かれ核戦争は避けることができ
ない」ということです。

危機は拡大していて、小型で性能のよい核兵器はどこにでも移動が
できるようになってます。

 アメリカが考えているのは「核抑止」ではなく、「核支配」です。
「核抑止」ならイランの核武装準備を支援しなければならないはず。

 チョムスキー氏によれば、「アメリカの軍事基地が核拡散防止を
妨げている」ことを忘れないでほしいと訴えてます。

南太平洋や中東などでは、潜水艦や核兵器保管のために使っている
施設があり、非核武装地帯をつくることに最も反対しているのがア
メリカです。
(イスラエルの核も放棄しなければならなくなるため)

核兵器を所有することは、世界をより危険にすることにほかなりま
せん。


 賢島大学でサウジアラビアに行かれていた先生が、「日本人はアメ
リカの文化や情報にどっぷり浸かっているが、全く違う地域がある」
との話しをされたことを思い出しました。

(知の逆転  P83〜88 アメリカが考えているのは「核抑止」で
 はなく「核支配」だ 参照)
posted by さっとん at 19:05| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

デトロイト破綻の教訓 「縮小都市」再生のモデルに  矢作 弘(龍谷大学教授) 2013年8月7日 日経新聞「経済教室」

 2013年7月18日に1800億ドル(17兆円)の財政破綻を表明したデトロイト。
その遠因は、都市間競争の敗北です。

 街は空きビル・空家が散在し、広大な荒地には雑草が生い茂り、40%の
街路灯は故障中。
貧しい黒人比率が80%で富裕層が流出。
麻薬取引や売春の現場となっています。

「縮小都市」の定義は、
・人口減少に直面
・経済構造の変換を迫れている
・高密度人口都市


 社会には振れすぎた振り子を押し戻すバランス感覚が内臓されており、

・工場跡地倉庫に無名アーティストがスタジオを作り、新しいレーベルを
 作る。

・社会企業家によるホームレス用暖房着の縫製事業。

・空きビルを高級集合住宅に転換させてカフェ、美容院、スーパーなどが
 戻る。

・飲食店を顧客にした地産地消型農家(都市農業)が起こる。

など、民間財団が資金を供給して「空き」を活性化させています。

 矢作教授は、都市間の競争を緩和させ、連携の構図を検討し、持続可能
な合意形成を育てていくべきだと語ってます。


posted by さっとん at 14:34| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

モテる。

 今日の日経新聞の「物価考」で、人口減がデフレの原因ではないことが、
“人口変動と物価の関係”の表からわかりました。
世界で日本だけが長期デフレに陥っており、人口の減ってるドイツやロシア
などはインフレで困っているようです。

今日は三重県関連の記事が多く、“海女文化継承PRを強化”では、海女存
続に危機感を覚えた三重県が、5月に「海女保存会」を設置、ユネスコの
無形文化遺産登録を最終目標と定めました。

「2013参院選」では、アベノミクスで“潤う観光”“苦境の漁業”という
記事があり、三重県県水産資源課によると、漁船に使うA重油は昨年末から
5%ほど上昇、魚の値段の低迷と漁獲量の減少、燃料費高が追い打ちをかけ
ているとのこと。
若者の漁業離れは深刻で、県漁協によると、組合員数は昨年12月時点で
約1万7千人とここ20年で4割以上減ったそうです。


 話しは変わり、先々週の日曜日(7日)にに野球で一緒にプレイしたやっち
ゃんのお父さんがなくなり虹のホールで葬儀が行われました。
 土曜日に洗濯した礼服を配達に行くと、小学校2年生の娘のいっちゃんが
以前僕が披露した“とど”のものまねがバカ受けで、いつ来るのか首を長く
して待ってくれていたそうです。
自分が知らないところで、僕を待ち続けていてくれる女の子がいたことに感
無量でした。
まだまだ僕はモテることを確信しました。
posted by さっとん at 12:37| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

麻生副総理出演 どうなるニッポン 緊急七夕スペシャル 竹村健一の情報2013

 2013年後半の日本は、世界はどうなるのか?
今世界で最も支持されているエコノミスト サットン・アンゴサク氏がyoutube初登場!
竹村健一が天才の頭脳に鋭く切り込む!




They have almost the same climate year-round in Washington D.C.,
as we do in Japan.

The goverment will have to adopt drastic measures to increase
land prices.

The Bank of Japan is going to issue money in order to stimulate
the domestic economy.
posted by さっとん at 23:35| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

本当は金を持っているのでは?

 昨晩はお客さんのHさんから「志摩の市民は本当にお金がないのか?」
と問題提起を投げかけられました。

スーパーに行くと中古でも高いワンボックスカーに乗り、カートに積みき
れないほど商品を買ってる人が大勢いる。
なぜ不景気で商品が売れず、職がないといいながら、食べるものや商品
をあれだけたくさん買い込むことができるのだろうか?
本当に金を持ってないのだろうか?

言われてみると「たしかに不思議」な現象です。
大型スーパーに来れる人は富裕層な人たちで、それ以外の人たちの生活
が第一かもしれません。犬

 志摩市と鳥羽市は、磯部町に共有のごみ処理施設を建設中で、費用が
約75億円。
 ところが現在、国も財政がひっ迫している状態で、志摩市にお金を
回してくれるか不透明な状態なのだそうです。
(国が約束を守らない)ちっ(怒った顔)

もし国から補助金がおりないと市民一人あたり1万円ぐらいの負担になる
かもとのこと。

 あくまで僕の個人的な所見ですが、志摩市民が里海里山に関する関心が
全体的に低いのではないか?
もっと自分が住んでいる地域のゴミ問題や環境に気をつけたいと肝に銘じ
るのでした。


鳥羽志勢広域連合のごみ処理施設建設工事を受注
http://blog.goo.ne.jp/wa8823/e/5d736d74b7b6f271cdfce376d55665b2

posted by さっとん at 17:47| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

本を「読む目的」は何か?

 阿児ライブラリーで「政治家の殺し方 中田 宏 著」借り、明日返却
ですが、台風17号が来ているので今日返す予定です。

 小説以外の本は、「読む目的」は何か?
この本で何を得たいのか? 

を明確にして、1ページから読むのではなく、課題に対して該当する文
章を拾いだす読み方をするようにしています。

「読む目的」は、“中田宏氏が横浜市長時代にどんなスキャンダルを報
道されたのかを知る”について探り読みをしました。

・ホステスおさわり
・わたしの中に指入れ合コン
・税金ネコババ
・元横浜市長 未亡人激白 うちの娘をデートに誘うようになった

・公務中にサウナに通っている
・クラブで飲み歩いている
・ハレンチ市長はじけた合コン


「この本で何を得たいのか」は、“なぜ改革派の中田氏に対してこのよ
うなガセネタが次から次と出てきたのか?”

・横浜市にはびこっている利権構造にメスを入れたことで、公共事業・
公務員の待遇・施設管理・市役所の備品発注・土地利用規制・各種補助
金・福祉・教育・ごみ処理あらゆるものに利権がからんでいる。

・利権を得てきた既得権者には死活問題。
・利権に群がるハイエナたちの共通の敵になる。


  ハレンチ・中傷報道には、裏で汚い大金がうごめいていることが多
いことを僕ら有権者も察せるようにならなければなりません。
posted by さっとん at 13:00| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

食糧増産

 昨日(9/26)の日経新聞の「Money & Investment」の“マネー・農業
共に育つ”によれば、世界人口の増加と新興国の経済成長で、大豆やと
うもろこしなどの2020年の穀物価格は、現在より24〜35%上昇すると政府
系の調査機関は予想。

 世界規模で食糧増産が進むのも、農産物の値上がり⇒農家の所得拡大⇒
生産増への投資として市場の働きがあるからです。

食糧増産の歯車を回し、世界需要を満たすためにはマネーの働きは不可欠
です。

食糧を増産するには、農地を増やすか、農地あたりの生産性を高めるし
かありません。
今までは農地を増やすことができないので、農業技術で需要を賄ってき
ました。

ところが地球温暖化が干ばつなど異常気象をもたらしてリスクが高まれ
ば増産の必要性はより高まります。

 このところ「食糧」をテーマにしたフォンドが増えて、肥料・遺伝子
組み換え、水ビジネスなど、品種改良など農業生産性の貢献度の高い企
業への投資が主流となってるそうです。

農産物価格が下落したときに収益が上がりやすい外食産業の株式も運用
に組み込んでリスク軽減を図ってます。

成長期待が膨らみ企業も研究開発や設備投資に力を入れてます。

やる気のある農家がどんどん増産に動いてくれれば、将来は思ったほど
暗くはないかもです。
posted by さっとん at 18:50| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。