2014年10月18日

ブログを毎日書いていきたい

 「ブログ 毎日 続ける」で検索すると、「ずっとやりたかったこ
とを、やりなさい。
」という本で“モーニングノート”が紹介されてま
した。

朝起きたらノート3ページ、自分が思ったことや感じたことを素直に
書き連ねていく方法です。

「あいつは賢そうなふりしとるけどあんごし」

「これからは君らの時代やと若い者を持ち上げる年寄りは信用できん」
「多くの人が賛成する意見は価値がない」
「巨人のペナントレースの優勝は何だったのだ」

など自分が思いついたことを何でもノート3ページ書いて12週間続け
ると、自分の考え方や思考の余分な贅肉がきれいに取れて、明確な目
的に照らした行動が取れるようになるそうです。

 とりあえずブログは人に見せるものなので、本音は自分のノートに
2ページ書いていこうかな?犬
posted by さっとん at 22:55| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

小冊子やおしぼりはいらない

1週間ほど前に新聞にゴミの収集袋に名前を書く自治体が増えて
きているとの記事がありました。
時間や手間をかけ真面目に分別をしている人が不利益になっては
いけないという観点からです。

自分のところのゴミ収集場を見ても、これはひどいという捨て方
をしている袋も目につきます。
無線放送で、「最近、不法投棄が増えています」の放送もたびたび
あります。

コンビニに行くとおしぼりを、薬局に行くと健康小冊子をあたり
前のようにレジ袋に入れてくれます。
僕の地域では、小冊子は“紙類”、おしぼりの袋は“プラ容器”のため
月2回しか収集してくれません。

そこの店員さんがべっぴんだと嫌われたくないから余計に言えなくなり
ます。犬

今のゴミ分別は、市民に強いることばかりが先行して、メーカー
や小売りができるだけプラ容器や紙類を出さない工夫が全くないと
ころに問題があるのではと思えてなりません。

メーカーは、市民の生活実態をもっとよく知り、できるかぎり“燃
えるゴミ”で処理できるように転換してほしいものです。

posted by さっとん at 18:35| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

環境エゴイズム

 このところ夜に鼻がつまるので耳鼻科に行こうと思うのですが、朝に
なるとなぜかすっきりしてそのことを忘れてしまいます。

 最近、コンビニでブルーマウンテンを購入しているのですが、やたら
目につくのはよそからのゴミをコンビニのボックスに入れてるところで
す。

いらんものはコメ兵に、ゴミはコンビニにで自分自身は快適さを担保さ
れるかもしれません。
 
 しかし、週刊ダイヤモンド 2014 9/6の「コンビニ超進化」の三大
チェーン店(セブン・イレブン、ローソン、ファミリーマート)の加盟条
件を見ると、本部チャージ率が加盟者が土地・建物を用意した場合総利
益の34〜43%、本部が用意した場合総利益の45〜76%を本部に上納し
なければなりません。

それに加えて水道光熱費は加盟者負担が多く、人件費などの諸経費を引
けば経営が楽なところはそれほどないのではと思えてきます。

そんなことはちょっと経営をしている人なら常識です。

 最近、ゴミ捨てのルールが厳しくなったので、より弱いところにゴミ
を持っていく環境エゴイズムが蔓延しています。

 僕の店でも9月27日でハンガー回収をやめることにしました。
「ハンガーも包装もいらない」と言う方が増えてきたためです。
(プラ容器が月2回しかないためか?)

 自分の購入した商品のゴミは、自分で適切な処分をする時代に入りまし
た。
北斗の文句はケンシロウに、ハンガーの文句は俺に言え!

週刊ダイヤモンド20140906.jpg
posted by さっとん at 18:35| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

ぼうっとすることの効用

 盆頃(12日)から夏風邪で熱はそれほど高くなかったのですが、体調
いまいちでした。
日曜日(24日)にジムのトレーニングが終わりロッカールームでパソコ
ンの先生
に夏風邪の話をすると「夏風邪にはクッパ(韓国料理)が効果的
です」との知恵をいただきました。

おかげでブログを書こうという気持ちまで回復してきました。(^_^)

 朝からNHKラジオ「子供科学電話相談」を聞いてると大人が聞いても非
常にためになる質問がいくつかありました。

・魚はあくびをするのか?
・ぶつぶつを見るとなぜ気持ちが悪いのか?
・ぼうっとなるのはなぜか?

 特に僕は学生時代は授業中に先生から、社会人になってからは会議中に
上司から「ぼうっとしとるな」と叱られました。もうやだ〜(悲しい顔)
(叱りやすい(^_^)をしてたとの後日談)

回答の先生によるとこれは「デフォルトモードネットワーク」と言う専門
用語をわかりやすく解説されてました。
ぼうっとしている安静状態の脳で重要な活動が営まれているのだそうです。
その時に一見関係のない脳の箇所も動きだし、ひらめきもわいたりすると
のこと。

 現代人は脳の同じ箇所ばかり使いがちなので、ネットもテレビも読書も
少し置いてぼうっとしてみませんか?

日経サイエンス  (浮かび上がる脳の陰の活動)
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/1006/201006_034.html
posted by さっとん at 18:26| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

さっとんカードをお持ちですか?

 大手スーパーやホームセンターに行き、買物をした後レジを打って
もらう時によく「○○○カードをお持ちですか?」と尋ねられます。

「持っていません」と答えると、「よろしかったら○○○カードをお作
りしましょうか?」と質問されます。
それに対しても「よろしいです」と短い時間に否定の意思表示を2回
しなければなりません。

 僕は20代の頃に英語の生徒募集の仕事をしてましたが、時々あやし
げなおじさんが大きなかばんを持ってやってきて、支社長とコソコソ
と話して一万円札の束を渡しているのを目撃しました。

そして、それがこの地域で英語を学ぶ見込み客の名簿であることを知り
ました。

情報がお金になる現場を目の当たりにしました。

 当時(80年代前半)はまだ個人情報と言う意識はなく、入ってくれた方
から学校のクラス名簿などを簡単に入手でき、それらを借りれることが営
業としての会社の評価にもなってました。

 その影響か僕は基本的にカードを作って自分の購買記録など個人情報が
残ることに積極的ではありません。

「さっとんは、ほとんど毎日半額のおつとめ品ばっか買うとる」
「真面目そうな顔してるけど、壇蜜好きなのか」
と第三者に見られているような気がするからです。

 また、店員がカードの確認をするごとに「いいえ」「いらないです」と
答えるのも、相手に悪いような気持ちになってしまいます。

小売業界は、店員にカードを勧誘させる作業から解放させてやってほしい
と感ぜずにいられません。犬 
posted by さっとん at 20:12| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

70年代半ば

昨晩は、午後9時過ぎに畳の上で爆睡してしまい、気がついたら
午前3時を過ぎてました。
ジムでトレーニングしてる時は全く疲れはないのですが、終わって
家に戻るとぐったりして知らない間に眠ってしまうことが
増えてきました。老化現象か?

この前のブログの記事で日本のピークは70年代半ばと書きまし
たが、当時どのような出来事があったかを振り返ってみました。

1971年沖縄返還協定
1972年沖縄復帰 「日米地位協定」で在日米軍の施設や区
域のあり方が決められ、いまだ沖縄の人々を苦しめています。

1972年田中角栄が日中共同声明により、中華人民共和国との国交を
正常化。
1978年福田赳夫が日中平和友好条約を締結

1973年10月に第四次中東戦争勃発
オイルショックなどの影響で「狂乱物価」(異常な物価の上昇)

posted by さっとん at 22:26| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月05日

嫌いになる心理

 ジムでストレッチをしてると知人の50代の女性から悩み相談を
受けました。
最近ある介護施設に就職したのですが、10歳以上年下の上司の言
葉がきつくて職場に行くのが辛い。
自分のことをとても嫌っているようだとのこと。

「この前言ったことメモしてないの!」
「覚えが悪いんやから」

もう50過ぎてるし、次の職があるとも限らないしで非常に落ち込
んでいると笑顔で話されてました。

「自分では一生懸命やってても、それをことごとく否定されるとモ
チベーションも落ちてしまうのようわかります」と同意の形成で答
えてましたが、「すべての悩みは対人関係である」と言うアドラー
心理学(嫌われる勇気)そのものでした。

アドラー心理学によると、たとえば「僕がAさんと言う人を嫌って
いる理由は、非常に許しがたい欠点があるからだ」とします。犬

僕はAさんの欠点を許せないから嫌ってるのではなく、「Aさんのこ
とを嫌いになる」という目的が先にあって、その目的にかなった欠
点をあとから見つけ出して嫌っていることになります。


 逆に先輩の上司も新人にあまりに厳しく接するのは、心理的に何
か不安を持っているからかもしれません?
posted by さっとん at 22:31| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

震災があった日に、岡田斗司夫の「スマートノート」を読んでいた。

 身の回りのものを50個捨てると、次々にいいことが起こりだすと
のことで取り組んでます。
去年の2月28日のブログでも、「50個捨てなさい」を書いてたので
すが、なぜか“もったいない”が脳裏を支配し始めて、捨てる意識が
遠のいていきました。

今回は心を鬼にして、“捨て”に徹したいと思います。

 家の中を整理していると、高校時代の世界史のノートと311の震災
の当時書いてたノートが出てきました。

 岡田斗志夫の「スマートノート」で“天才”になろうとしてたのを
思い出しました。犬

 “天才”とは「見識」が非常に高い人のことを言います。
「見識」とは、「発想力」「表現力」「論理力」が一般人をはるか
に凌駕(りょうが)している状態です。


そしてここで言う「見識(知性)」とは、「知識」「人格」「教養」で成り
立ちます。
「知識」とは、情報を個人のフィルターで包んだもの。
「人格」とは、取り組んだ「知識」をどう解釈するかのスタンス。
「教養」とは、アカデミックな場所で研究され、確立されている
知識体系を指します。

 自分の知性が足りないと思われてる方は、毎日2ページノートに書く習
慣をつけることを推奨されてます。
ノートは、思考を高める装置なのです!

こんな本を読んでたのかと記憶がよみがえってきました。

岡田斗志夫.jpg

  
posted by さっとん at 18:39| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

熱する市場! 家庭用コーヒーメーカー×コンビニの淹れたてコーヒー コーラえらいこっちゃ。

 スーパーに行くと目にするネッスルの家庭用コーヒーメーカー
が売れてるようです。
youtubeの動画を見ると、非常においしいと評判です。
しかし、僕にはサークルkのコーヒースタンドに行くので不要です。
べっぴんさんの店員さんが「Kカップ」を渡してくれるとてもおいし
いコーヒーが100円です。

なぜおいしいのかを調べたら「kカップ」がコーヒー豆のおいしさと
香り高い味をとじこめてるということがわかりました。

http://www.circleksunkus.jp/product/coffee/
(サークルk淹れたてコーヒー)
※僕はサークルkの回し者ではありません。
 一応100円のオリジナルテイスト派です。犬
100円でオリジナルテイストは買えますが、100円でブルーマウンテンは買えません。
あしからず。

 ネッスルに対応して、コカコーラも家で炭酸飲料を作れる機械を販売
するようです。
ますますひきこもりが増えないかも心配になります。


生誕80周年記念!横山光輝フェア(ebook japan)
http://www.ebookjapan.jp/ebj/special/yokoyama_80th.asp
項羽と劉邦が2巻まで無料で読めます。(2月27日まで)
posted by さっとん at 18:40| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

他愛もない会話はとても大切なことです。

 昨晩は、つよぽん他2名とネットで非常に評価の高いてっちゃんで飲みま
した。
それぞれ今どんな仕事をしているか等を話してから、大学生の息子が単位
を取れてないことや、規制緩和で世の中が大変なことになった話などでし
た。

酒も進むと森里千里や壇蜜がええとか、他愛もない会話が多くなりました。

 今日は、曽野綾子さんの「人間にとって成熟とは何か」で、高齢化社会
の中で晩年を幸福感で満たすために必要なこととして、"ちょっとした会
話"の重要性を強調しています。

 年寄りが加速度的に増えるのに、老人を介護できる若い元気な人が手薄
になってきてます。
晩年の年寄りは次第に体がつらく、心に余裕がなくなり、食欲もおちてし
まいがちです。
その時に「今日も寒いね」とか言ってくれるやさしい心根を持った人が身
近に居てくれるのが最も幸せなことなのだそうです。
他愛もない会話はとてもとても大切なことなのです。
posted by さっとん at 22:34| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索