2011年03月25日

走れるんか!

 昨日の朝はチャンピーの抜糸を抜いてもらいました。

避妊後から7歳までの雌猫のために特別に調製された食事療法食である“ベッツプラン フィ
メール&ケア”(フランス)を病院で購入しました。

コメリの餌の5倍ほどの値段になりますが、若齢の避妊雌猫で特に気をつけなければならない、
健康的な下部尿路の維持と理想的な体重維持に配慮して設計されているとのことです。


 今日はてる子のおばさんからてこね寿司をいただきました。(^^)

「食は王将にあり」、「食はスペイン村ハーフマラソンにあり」ということで、ここのとこ
ろ食べるものにも注意を払ってます。

今週の月曜日から二日に一回ペースで夜に7キロほど走ってます。

コースは、志摩庁舎前から阿児アリーナ⇒文岡中学校⇒マックスバリューの搬入口の駐車場
までです。


大会が近付いてきたためか、練習している人をよくみかけます。


 運動の継続には、

1.高揚感(心拍数の上昇)

2.前向きな変化(体重や体形の変化)

3.発表の場(レースなど)

 の3つの要素が必要です。

ウォーキングが続かないのは、3つの要素が少ないからだそうです。

ラン&ウォークが長続きのコツかもしれません。

 (参考)Tarzan574 P33飛ばさない、頑張らない、楽しく続けるメニュー作りを。
posted by さっとん at 18:59| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

気の遠くなるような壁

 前のうどん専門店かめ吉が定休日なので、いつもより回りが暗いです。

このところ櫛(くし)の歯が欠けていくように店が少なくなっていくのが気になります。



 12月23日の日経新聞の豊田泰光さんが寄稿されているコラム「“チェンジアップ”メジャーの
遊撃 難攻不落」は、ロッテからツインズに移籍した遊撃手、西岡剛の挑戦が気の遠くなるよう
な壁が立ちはだかっていることを伝えてます。

 西鉄時代に遊撃手だった豊田氏は、リプケンやジーターなどのような大型で動きも素早い選手
が多いことなどから懸念があるようです。

メジャーの遊撃手はジャンピングスローで一塁にノーバウンドで送球できる手首の強さがありま
す。

2004年に松井稼頭央が挑戦し、23失策を犯し、二塁に回されました。

この肉体的ハンディはどうしうにも克服できそうもないとのことです。


 日本人で遊撃手で通用しただろうと思われるのは、阪神の「牛若丸」吉田義男さんぐらいなの
だそうです。

ただ吉田さんは167センチと野球選手としては小柄な方なので、182センチと大柄の西岡が
レギュラーを取れるか注目していきたいです。

posted by さっとん at 19:38| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

辛そうで辛くない 少し辛い

 11時ごろ今年初めに家の塗装をしてくれたペンキ屋さんから「ナカジマさん、ふとんほしてるけど雨降ってきそうですよ」と電話連絡をもらいました。

急いでふとんを中にしまってしばらくするとまた晴れてきました。


 tarzan12/9号「ビギナーこそ、栄養面でプロ級のケアが必要」に毎日の食事についての賢い摂り方についての記事がありました。

鍛えている人と鍛えてない人では、鍛え始めた人の方が体への負担が大きいことを考慮に入れ、栄養バランス、摂取のタイミングなどを考えるべきとのことです。

自分がなりたい理想の体をデザインするにはトレーニングが必要ですが、それを具現化させるためには食事の質が大きく関わってきます。

食べた魚がいつの間にか自分の体の一部になるのは、ビタミンB群(鮭、カツオ、マグロなどの魚介類の他、鶏肉、牛レバー。 アボカド、小松菜、バナナなどの植物性食品にも含まれる)のおかげです。




 昨晩(8日)は、サンライフ阿児の3F多目的ホールで8時から「田中亮の辛そうで辛くない 少し辛い スロートレーニング」に参加しました。

女性が20人、男性は2人だけでした。

腕立て、腹筋、スクワットなどを少しやり方を変えるのですが、たとえば腹筋では2秒で頭をもちあげて10秒で下げるのを10回など、確かにそれほど辛くはないですが、少し辛かったです。犬
posted by さっとん at 14:36| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

ウェイトトレはインナー時代が始まった

 昨日はキムチ鍋をしようと思ってたところ白菜が足りなかったのですが、隣のパーマ屋さんがお客さんからもらった白菜を少しだけ分けてくれました。

このところ食べたいものをいただく「引き寄せの法則」が働いているのかと思えることがたまにあります。



 ワンダーグーでTarzan570なりたいカラダに、鍛え上げる筋トレバイブルを立ち読み。

ジムにも置いてあるのですが、この号は筋トレ好きには読みごたえのある内容なので購入。



 一昔前までは筋トレと言えばアウターマッスルのことを指しました。

しかし、これからはインナーマッスルのトレーニングを取り入れることがなぜ必要かがわかりました。

インナーマッスルが注目されるようになったのは、野球の世界でピッチャーの肩の使い過ぎで故障が続出。

それが肩の深部の筋肉が酷使されたことにより炎症を引き起こしているらしいことがわかってからです。


 筋トレマシーンでアウターは確実に強くたくましくなる一方、インナーはあまり使われないため、外側と内側の筋肉のアンバランスが生じることでケガのリスクも増えます。

最近のヒト型ロボットが昔のそれと比べて、人間の動きににて滑らかになってきたように、インナーが働いている状態と言えます。


 スムーズで滑らかな動きができるようインナーも取り入れていく必要性を再確認できました。
posted by さっとん at 20:39| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

アロマヨガに行く

 今日も日中は暑かったですが、先週と比べると少しだけ楽になってきました。

 GYAOでずっと見ていた巨人の星も来週で最終回です。

大リーグボール3号を投げるたびに飛雄馬の左手は破滅へと近づいていきます。

父親の一徹と親友・伴宙太との対決、胸をいためる姉・明子、宿命のライバル花形、左門。

小学校1年の頃にのめり込むようにみていたマンガですが、この年になって見てもいろいろと考えさせられることが多いです。


 やみくもな猛特訓、体罰はよくないと元巨人のエースの桑田氏も主張されてるように、巨人の星のすべてが正しいわけではありませんが、人がよりよく生きていくために必要なメッセージをいっぱい含んでると思います。



 昨晩のジムは、西崎コーチのアロマヨガでした。

参加者は15名ほどで、女性が10名ほどでした。

アロマオイルにはペパーミントとジャスミンと女性ホルモンの分泌がよくなる成分のオイル(名前忘れる)をあわせた独特の香りで、気持ちがとてもリラックスできました。

香りも上手に使うと生活にうるおいが生まれるような気がします。


 帰りに「次は大麻ヨガしてくれませんか?」とお願いすると

「ナカジマさん逮捕しますよ」としかられました。犬


桑田真澄 気が付く

posted by さっとん at 21:46| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

ボクササイズ

 七夕でしたが朝からくもり空、夜からは雨も降ってきました。

 「雨もふっとるし、今日はジムに行くのをやめとこ」と思ったのですが、今日は西瀬古コーチの“ボクササイズ”があり、ボクシングが大好きな僕はどんなものか体験してみました。

男性3人 女性10人ぐらいでしたが、結構体力がある方が多かったのか息を上げる人は一人もいませんでした。

「ジャブ ジャブ ストレート」

「ジャブ ジャブ ストレート 左アッパー3回 右ストレート」

いろんなバリエーションを30分憎いあんちくしょうの(-_-)めがけてぎっしりやったら汗びっしょりになりました。

 来週の水曜日もあるので参加する予定です。

 ナカジマのあしたはどっちだ!



(ひぃー君(^−^)情報)
 選挙は当日より期日前投票をしてくれる方がありがたいとのことです。
もう決めてる人はできるだけ早く投票しましょう!

 
posted by さっとん at 22:12| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

やめられない

目標体重:68.0kg
目標までの残り:-3.3kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:71.3kg
体脂肪率:20.3%
BMI:23.6
食事
朝食
食パン3 牛乳 めかぶ 豆腐 バナナ 
昼食
食パン3 牛乳 牛肉のブラックペパー炒め もずく 納豆
 ようやく梅雨時期の湿気にも体が対応してきた感じがします。

連日曇り空が続いてますが、今日からダイエットのラスト3キロ(目標設定68キロ スーパー・ウェルター級)に臨みたいと思います。


 力士による野球賭博で大嶽親方(貴闘力)などがバッシングを受けてます。

最初は1、2万円の掛金がだんだん額の0が一つ多くなったとのことで、依存症のような状態になってしまったのだと思います。

ギャンブルにはまりだすと麻薬といっしょで個人の意思、努力だけではいかんともしがたいのです。


暴力団が関与しているとのことで糾弾されてますが、それならパチンコというギャンブルを常習的にやっている者には罰則はないのは不公平なような気がします。
(パチンコ業界が警察OBの天下り先、やくざともずぶずぶだから)



 相撲しか知らないだろう大嶽親方には、ギャンブルから100%足を洗わすために施設に入れるとかで改心させて、下っ端からやり直させてやってほしいと個人的には思ってます。


デブだから論理的に反論してこないとわかっているからたたき放題でいいのか?


各界の識者と言われる委員は処分をすることが正義だと思われてるようですが、大嶽親方にもきっちりと弁護人を立てさせて、自己の権利主張をしっかりさせてあげないのは不公平です。



憲法13条 すべて国民は、個人として尊重される。

posted by さっとん at 17:46| 普通普通| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

ソフトバレー「Winner’s-Cup2010」

日中は湿度の高さを感じます。


 昨日(20日)は、以前からツヨポンから依頼されていたソフトバレー大会「Winner’s-Cup2010」ビデオ撮影のため、伊勢のサンアリーナに行きました。

ソフトバレーという競技については全く予備知識はありませんでしたが、石川や富山、京都など遠方からも参加しているチームがかなりあり、この大会では20代ぐらいの方がとても多かったです。

ソフトバレーでは男女2名ずつが1チームとなり、やわらかいボールで通常のバレーボールの試合をします。

男女が協力して試合をしていくというのも今までのスポーツにはない斬新なところです。

馬力だけではなかなか勝てず、チームワーク、作戦・戦術、テクニック、経験が大きなウェイトを占める奥の深いものでした。

 つよぽんのじぇねしすは、善戦したわりに順位は伸びませんでしたが、約100チームが参加していたため終了は午後7時になりました。

帰りの車の中でつよぽんに「出会いを求めてソフトバレーに来るのもいるのか?」といった質問をしたら「それではチーム内の不和が生じやすくうまく機能しなくなる」ことと「そんな奴は長続きしない」とのことです。

「スタイルがいい子がバレーをするためか、今日来てた女の子はすらっとした子がとても多かったように思った」と感想を話すと、「バレーをするからスタイルがよくなる」のだそうです。



 中学時代、バレー部の秘密兵器だったとつよぽんからうわさを聞いていたようで、じぇねしすの女性から「いっしょにバレーをやりませんか」と誘われてました。

posted by さっとん at 19:04| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

沢村栄治

 悲運の大投手“沢村栄治”が大正6年2月1日に宇治山田で生まれたということを知らない人が多いです。

明倫小学校でも野球のセンスは抜群で、早くも全国に沢村ありと言われ、新設の京都商業に入学します。




その速球は京都商業を3度も甲子園に導き、当時とても人気のあった六大学(慶応)かプロ野球に入るかで

17歳の少年は迷います。


 昭和11年に全米オールスターとの選抜チームに抜擢され、ベーブルース、ゲーリックなどのスターをきりきり舞いさせて、アメリカでも語り草になります。

その年に日本のプロ野球が産声をあげます。



 当時(戦前)は、戦争があり兵隊に行くことが義務付けられていたため、どうせ死ぬのなら生きているうちに好きな野球を思う存分やりたいとプロに入ることを決意します。


プロでの沢村は剛速球で三振の山を築き、最優秀選手に選ばれます。

ところがその年、招集令状が届き、中国に派遣された沢村は手榴弾を投げすぎて肩をこわします。

昭和15年に日本に戻り、プロ野球に復帰しますが、以前のスピードはなくなりコントロールで抑えるピッチャーとして見事復活します。

しかし、翌年またも招集令状が届き戦地に赴(おもむ)き、ここで命綱だったコントロールも失います。

昭和18年日本に戻った沢村は投げるたびに打たれますが、誰も彼を咎める(とがめる)ものはいませんでした。

昭和19年台湾沖の東シナの海で戦死、27歳でした。


 こんな偉大な人が僕の身近で生きていたのかと思うと、自分に負けてはあかんと思えてきます。


 沢村栄治

 
posted by さっとん at 18:36| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

常識の落とし穴

 昨日の日経(2/11)の40面「文化」で、統計学でスポーツ攻略という東海大学准教授の鳥越規央(とりごえのりお)氏の記事は常識の落とし穴にスポットライトをあてています。

 もしあなたがプロ野球チームの監督だったとする。
一点差で負けている9回裏ノーアウトランナー1塁。

どんな作戦を選ぶか?

 セオリーでいけば手堅く送りバントになるのですが、統計学、数学的な観点からは明らかに損な作戦であるとのことです。

野球の統計分析は「セイバーメトリクス」と呼ばれてメジャーリーグでは浸透しています。

 日本では野村前楽天監督の野村スコープでは配球の分析などで僕の野球の概念を大きく変えました。

送りバントを多用する日本の野球の方が大リーグよりも緻密な野球をしていると思ってました。

鳩山首相が研究者時代に野球の統計分析の論文を書いていたそうですが、日本の野球もセオリーを見直す時期が来ているのかもしれません。
posted by さっとん at 12:29| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索