2014年02月18日

非エリートが世界を制す   金平桂一郎 著 アスペクト

 今問題になっている「亀田問題」で、亀田ジムは日本で試合ができなく
なりました。
2005年4月に大阪のグリーンツダジムから協栄ジムに移籍し、亀田興起(
後に弟も入門)が2008年5月に契約解除になるまで所属してました。

 著者は前会長である父親から27億の負債を背負いますが、佐藤修、坂田
健司、亀田興起、佐藤洋太と4人の世界チャンピョンを輩出しました。
ボクシングジムの会長は、プロモーター(興行師)、マッチメイク、スポン
サー・マスコミ対応などの仕事が主になります。

 興行師の目から見ると、世間で「ダメ」と評価されている「非エリート」
ほど大きな可能性を秘めているように感じるそうです。

金平会長は、相手が不良やイレズミを入れてる人間でも受け入れます。
逆にそういった雑草の人間の方が根性があり、飛躍できる可能性があると
述べてます。

それと選手には試合の後も元気に家に帰れるように、細心の注意をはらって
いるのがわかりました。

 この本は、ボクシング業界の暴露本というものでなく、ビジネス書として
書かれてます。

・「ダメ」といわれる人間はどうして「ダメ」なのか。
・どうすれば人の闘志に火をつけ、奮い立たせられるか。
・戦える人材はどうやって育てるか。
・勝てる組織は、どうすれば作れるか。

 金平会長は、最近、職場で怒れない上司が増えてきていることに危惧を抱
いています。
下の人間が言うことを聞かない、成長できていない、さぼっている。
その責任は、ほとんどすべて上に立つものの責任と説いてます。
「ダメな人間」はいない。
その相手が本当にダメなら自分もダメになっている。
変わらなければならないのは、「自分」です。

そして、「自分自身を興行師として見る」視点が必要とのこと。

 ボクサーの場合は自分が頑張ればよいのですが、組織や企業では、部下や
後輩に活躍してもらわなければ困ります。
結果を出す組織にするのが「興行師」の仕事です。

 人が何かをするのを待つのではなく、自分がまっさきに動くことが大切だ
ということを教えてくれます。
金平会長140218.jpg


非エリートが世界を制す

posted by さっとん at 19:05| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

魂かけた真っ向勝負   天才 対 怪物

 2日の朝10時頃にツヨポンが「長太屋(ちょうだや)に肉買うついでに」一枚
のCDを持ってきてくれました。
最近、NHKで放映された「魂をかけた真っ向勝負」というタイトルで、13年前
(2000年10月11日 横浜アリーナ)に行われた天才・畑山隆則と強打の怪物・
坂本博之のドキュメントです。
 僕もこの試合はリアルで見てますが、この試合にかける両者の熱い思いが
胸に伝わってきました。

 当時、平成のKOキング、国内に敵なしと言われた坂本は、5つ年下の畑山に
とって非常に大きな存在でした。
畑山は坂本(ライト級)より1階級下のスパーフェザー級で、スピードとキレの
ある連打を武器に世界チャンピョンになります。

しかし、2度目の防衛戦で足を使い、ポイントを稼ぐ小細工をしたために、そ
のスキを相手につかれて負けてしまいました。

・自分の理想を追い求めなければダメだ。
・カンガン行って負けたらしょうがない。

開き直った畑山はその後、階級を坂本と同じライト級に上げて、再び世界チャン
ピョンになります。
勝利者インタビューで次の挑戦者に坂本を指名します。

 そして2000年10月11日に両者はぶつかります。
畑山の作戦は距離を取って後半勝負、一方の坂本は打たれても攻撃を続けるこ
とでした。
 ところがゴングが鳴ると、いきなりの打ち合いで両者とも想像以上のダメー
ジを受けます。
2R以降は畑山は、スピードをいかしてパンチを積み重ねていく作戦に、坂本
はどこかで必殺のパンチを当ててやろうと機を狙っていきます。

プライドとなにくそと言う思いの畑山、打たれても打ち込まれて意識が飛ん
でも体が覚えていて前に出る坂本。
オセロゲームのように一つのパンチで黒が白に変わる一時も目を離せないこ
れぞ男を感じる試合でした。

 大晦日に金子大樹と内山高志の解説を務めた畑山が試合直後に「最近はた
まにしょうもない世界戦もあるけど・・・・」と暗に亀田を批判してました
が、同じチャンピョンとして自分の理想を追い求めようとしない姿勢に対す
る怒りが根底にあるのでしょう。

ヒーローたちの名勝負140104.jpg


畑山隆則 vs 坂本博之   https://www.youtube.com/watch?v=wjFaWeyCZlQ
posted by さっとん at 16:17| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

豊田泰光さんの「チェンジアップ」が最終回

 今日は11時過ぎに配達をしてプロショップでサービス袋を買いに行ったら
魚屋さんが抜けてました。
ちょっと間をあけると世の中の変化を見落としてしまいがちです。
これからは、まぬけにならないようにしたいものです。

 先日(26日)に1998年から毎週木曜日の連載である「チェンジアップ」が
終了しました。

☆野球界はいい方向に動いているか?

 「そうは思わない。巨人軍は不滅かもしれないが、プロ野球は永遠ではない。
パリーグを中心に地域に根付いてきたものの、まだ親会社の宣伝道具の面が
あり、景気次第でいいようにされる恐れがある。
選手を操り人形のようにサインと懲罰交代で縛る監督、不自由にあらがいも
せず、バントを決めてハイタッチする選手たち。
この野球のどこがおもしろいのか」
(チェンジアップより引用)

 僕が日経新聞を取ってるのも「チェンジアップ」が読めたからと言っても
過言ではありません。
プロ野球の一番の財産は80年に及んだ歴史であり、田中と鉄腕稲尾を比べて
そのすごさのものさしがあることを誇りにしてほしいと述べてます。

豊田さんの文章は、何か一つのことにとことん打ち込んだ人間でなければ描
けない世界を僕に示してくれました。
来年は、もっとプロ野球を見たいです。


<最近聴いてる歌コーナー>
https://www.youtube.com/watch?v=3dRRd63ujJw
               「My Foolish Heart」青紀ひかり
 ジャズシンガーです。ささやきかけるようなボーカルが病みつきになって
しまいます。犬
posted by さっとん at 18:36| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

「チェンジアップ」

 TPP、WBCにしろメジャーのポスティングシステムの改定にしろ、交渉相手
となるアメリカは非常に手ごわい。
TPPは日本の農業やさまざまな産業に大きな打撃を与えそうですが、野球でも
WBCの時に日本の分け前がメジャーより少ないことでプロ野球選手会はアメリ
カと闘いましたが譲歩を得られませんでした。

日経新聞に長期連載の野球評論家、豊田泰光さんのスポーツコラム「チェンジ
アップ」が来週の木曜日が最終回になるとのことです。

 豊田氏は、WBCの時のようにけんか別れを覚悟で交渉に望まなければ日本の
プロ野球に未来ない。
亀田のような疑惑の判定でなく、メジャーと真っ向勝負で日本もKOパンチを
持っていることを示してほしいと訴えてます。


 豊田泰光さんのコラムは、プロ野球と世相を対比しながら、自分の現場での
経験をもとに、やさしすぎずまた専門的すぎない絶妙なバランスのコラムを毎
週執筆されてました。

来週は最終回特別版で、“球界の今後”についてになります。
「チェンジアップ」は是非書籍化してほしいと一ファンとして願ってます。



「チェンジアップ」 気の遠くなるような壁 
http://sutekinasatton.seesaa.net/article/174697247.html

「チェンジアップ」 文化守っての国際化
http://sutekinasatton.seesaa.net/article/113364587.html
posted by さっとん at 17:46| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

志摩ロードパーティ ハーフマラソン完走

(参加者の景品)
image-20130421212943.png

朝方、雨風が強く、今年も去年同様、カッパを着て走る厳しい展開を予想。

第三駐車場からチャーターバスに乗り、10分ほどで志摩スペイン村に到着。
引換証と交換にゼッケンをもらい、着替え所に行き、荷物置場にカバンを置いて出る時にボランティアのおばさんが「頑張ってください」とタッチ。

11時15分前に集合場所へ行き、目標タイムのプラカードを持ったボランティアの場所に並ぶ。
今回は練習が少なかったので、後ろの方からのスタートにした。

序盤はゆっくりパール道路を走り快調だったが7キロあたりからふくらはぎがブルブル震えてきた。
だましだまし走っていると、都会から来たカップルが「ここのコース景色が変わってあきないわ」と話してたのが耳に入った。
全国的にもめずらしいのかもしれない。

最後の3キロが非常にきつかったがなんとかゴールにたどり着いた。

その後、物産市に行き、あおさラーメン(500円)を食べる。
伊勢うどん、手こね寿司、うにめしなど、志摩産のブースには大勢の人の列があった。
魚を焼いてるところがあるともっと志摩をアピールできるのではと思いながら、ラーメンを食べていた。

志摩ロードパーティー2013  http://shima.roadparty.jp/
posted by さっとん at 05:56| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

フォーム

 12月2日のお伊勢さんマラソンに向けて、トレッドミルに実地練習も
加えて取り組んでます。
今、Tarzan613の「ランニングを楽しく科学する」で、フォームがいか
に大切であるかを認識しております。

マラソンのカリスマコーチ 金 哲彦 氏の説によれば、「美しいフォー
ムこそ機能的」なのですが、間違ったフォームでいくら走っても走力は
向上しないそうです。

ある意味、ゴルフや野球などのスポーツ、将棋、仕事、勉強など、あら
ゆることに通ずる真理かもしれません。

 フルマラソンには「35キロの壁」の壁があり、突然ペースががくんと
落ちて脚が思うように動かない状態に陥ることがよくあるとのこと。

その原因のひとつとしてグリコーゲン不足で脂質がうまく使えなくなる
からです。

 ハーフマラソンでも途中で走ることが非常に辛いことがありますが、
僕の場合は「17キロの壁」をいかに克服していくかが今回の課題と
捕らえております。

posted by さっとん at 23:44| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

お伊勢さんマラソンにエントリーする。

いつも八味地黄丸をもらう調剤薬局の方から「今、マイコプラズマ肺炎が少し
流行ってきてるので、手洗いなどに気をつけていただくようにお願いします」と
のことです。

 日中に冷房の中でいる時間が多くダメージを受けているのか、夜9時過ぎになる
と強烈な睡魔に襲われます。
やはり汗をかくということで体の温度調整がうまく働くような気がするので、ジ
ムで汗を流すようにします。

といってもなかなか目標がないとトレーニングも続きません。

さきほど、年末の12月2日に実施される「お伊勢さんマラソン」にエントリーしま
した。(4000円)

希望者が殺到しているので早めに申し込まないと締切にひっかかるとのことです。

ajihei.jpg
(あじへいラーメン 714円)


 
posted by さっとん at 19:01| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。