2010年02月26日

JAL入社試験

問題1 「長女が高校を卒業した時に離婚すること」をあらかじめ約した夫婦が、その際に夫の財産分与として妻に譲渡を約束したときに、この建物にかかる所有権移転登記請求権保全の仮登記の申請は認められるか?

問題2  “Marriage for life”を訳しなさい。



(JAL再建)

解答

1.現在の日本の民法の解釈として、婚姻に期限を設けることは社会的妥当性を欠き許されません。

2.「終生の結婚」→「終生にわたり続くことを前提とする結婚」

“生活のための結婚”と訳した人は、英語力はまだまだです。

 (不動産登記法入門 山野目章夫 著 日本経済新聞社)参照
posted by さっとん at 12:33| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

必ずものになる話すための英文法

 昨年は寝る10分前に環境社会検定(eco検定)を勉強するようにして約半年で合格証をもらえました。

今年は、20年ほど前に購入した『必ずものになる話すための英文法(中級編)』を一日2文ずつ暗記して寝るようにしています。

当時はカセットでしたが、パソコンに入れ替えて速脳チェンジギアというソフトでリピート機能を使って聞いてます。


英語負け組の僕は過去何度も挫折してますが、

一日後、一週間後、一ヶ月後に復習しないと長期記憶に届かず、すぐに忘れるので結局一日20分から30分は念仏のように唱えてます。

図書館で借りた「やっぱり英語を話したい―英語負け組からの華麗なる脱出法  中尊寺 ゆつこ著」の中で

帰国子女であった漫画家の著者は英語に対してほとんど自信がなかったのですが、本屋さんで偶然『話すための英文法』を見て、文法をこういった形で表現する方法があったのかと衝撃を受けます。

 それから2年間、その本を何度も何度も暗記することで頭の中に英語の思考回路が構築されていきどんどんと上達して、テレビのインタビュー番組でもとても内容のある英語を話すので周囲を驚かせます。

その秘密が『話すための英文法』をバカになって暗記したことが一番大きかったと述べたことで一時再ブレークがあったようです。


『話すための英文法』の中にも英語を話せるようになるための秘訣としてまえがきの中で、

・英文法を知識としてではなく、自由自在に使えるようにせよ

・英文法の例文を暗記せよ

と提言しています。


 以前、アメリカ人と結婚した日本人女性と話した時に30年もいてこんなにひどい英語なのかと驚いた経験から、

基礎力(文法)の重要性を再認識し、日常の中の会話を英文法を使って表現するというありそうでなかったのが本書です。


 
 ただ、脳科学者によるとコツコツ努力しているようなことを書いている人を信用してはいけないそうです。

くれぐれもこんなブログを書いている人をみたら「コイツはダメだな」と思うようにしてください。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100212-00000001-president-bus_all
 (脳科学理論が解説。「集中力」が増す3つの仕かけ)
 

 
posted by さっとん at 18:02| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

iknow!

インターネット上には、玉石混淆(ぎょくせきこんこう)の情報が入り乱れてます。

その中でよいサイトにたどりつくには、グーグルやヤフーなどの検索エンジンで自分の見つけたいキーワードを打ち込まなくてはなりません。

それでも目的のサイトを見つけるのは至難のわざです。


 グーグルがネット上に作ったさまざまなシステムを利用して、今まで企業が何十億円もかけていたシステムを何十万レベルで作れるようになったことを「チープ革命」というそうです。

それによって日本のシステムエンジニア会社の収益が大きく減ってしまいました。

 グーグルは世界の情報を整理しつくして、「世界政府」を作り、世界を住みよく変える野望を持ってます。


 それと同じように「iknow!」を立ち上げたアンドリュー・スミスとエリック・ヤングは、認知心理学と脳科学から世界の言語を学ぶのに最も記憶しやすい方法(大量の情報を脳細胞に埋め込む)を開発しました。

アメリカの国務省などでも採用されているのですが、誰でも無料で学習できるプラットフォームになっています。

今まで何十万も英語につぎこんできたのが何だったのだろうという僕にとっての「チープ革命」のサイトです。

外国語を学びたい人は是非登録してみてください。

iknow! http://www.iknow.co.jp/


*チープ 安い 格安な
posted by さっとん at 18:13| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

英語でチャンスをつかみなさい

545.レーガンが日本を訪れるという声明がけさ公表されました。
  The announcement that Reagan will visit Japan was made in public this morning.


最近、20年前に挫折した市橋敬三の「必ずものになる話すための英文法」(研究社)という本のまる暗記に臨んでます。

この本は、初級編パート1,2と中級編パート1,2の4冊からなってます。

当時はカセットテープだったのですが、パソコンでICリピーターにも対応できるMP3

に変換して再度復活できました。わーい(嬉しい顔)

ソニーのICD−SXというICリピーターには、AB間リピート機能というのがついていて、聞きたい
箇所を何度でも反復してくれます。

カセットのように巻き戻しをしなくてもよいので、非常に効率的です。

 
 中国の映画で「クレイジーイングリッシュ」の中で、『英語を学ぶ最大の目的は‘金儲け’だ。
国のためにも親孝行にもなる。恥を捨てて英語を学べ」と英語学習を強く勧めます。

英語でチャンスをつかみなさい」(古市幸雄 著)に中国語を習ってもそれほどメリットがない理由として、
日本語ができる中国人はごまんといるので、日本人が中国語を話せても仕事でのメッリットはそれほどないことが挙げられてました。

結婚を国際的視野で考えなくてはならない僕ですが今は英語あるのみです。

 同じ英語の指導者でも古市氏は文法に固執することに否定的であり、市橋氏は向こうに住んでいてもしゃべれない人がいっぱいいることなどを例にあげて文法を重視しています。
共通点は、とにかく英文を「正しい発音でまる暗記」するのが上達の近道のようです。


英会話は「耳学問」

なので、とにかく耳と口に英語筋肉をつけるしかないのですが、学歴に関係なくやった者勝ちの世界なのです!
posted by さっとん at 09:50| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

やっぱり英語が話したい

皇居は一般に公開されるべきだという意見はますます強くなるでしょう。

ディユ ペン ヘン ダッ インピリオ パリッシュ ビィ
オープン トゥ ザ パブリック ウィル ビー モーン
モア ポピュラー

The opinion that the Imperial Palace shoud be opened to the public will be more and more popular.

※will be popular 「強くなるでしょう」
 be opened to the public 「公開される」


死刑は廃止されるべきだという意見はますます強くなるでしょう。

ディユ ペニーン ダッダッダ スパノ ティシュ ビー
アバリッシュ トゥ ストロンガー アンド ストロンガー

The opinion that the death penalty shoud be abolished will get stronger and stronger.

 ↑
 僕の英語学習法です。
まず英文を何度も聞いてカタカナで書きだす。
本文を見る。
20分間暗唱
10分休憩
10分暗唱
 
 「もしもピアノが弾けたなら」という西田敏行さんの歌がありましたが、僕の中には「もしも英語が話せたら」という思いがとてもあります。

語学は継続することが一番大事だと思うのですが、どうしても途中で挫折してします。

そんな時に図書館で、「やっぱり英語を話したい」(中尊寺ゆつこ著)の英語学習法がありました。

彼女は短期間留学の経験もあったようですが、コミュニケーションがとれる十分な英語はなせなかったようです。

 そんな時に、市川敬三の「必ずものになる話すための英文法」という本に出会い、英文法をしっかり暗記してマスターすることが大切だと痛感し、すきま時間は英文を覚えることに費やしたそうです。

行政書士に英語とビジネス、恋愛とやることいっぱいですが、戦略を立てて取り組んでいきたいです。

ちなみに中級編は発音も言えるようになるには一日一文が精一杯です。
初級中級を終えるのに約2年ぐらいかかりそうです。
posted by さっとん at 18:54| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索