2020年05月01日

If

If the sleeves were a little longer this jacket would fit me perfectly.

posted by さっとん at 23:49| 三重 ☔| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月28日

If you will・・・・・・・

If you will cosign the car loan , I'll appreciate it.

If you will pick me up at the airport , I'll treat you to dinner.

If you will take the initiative, everyone will follow suit.

If you will lend me $500 , I'll pay it back with 15% interest by the end of the year.

If the subway ran through Ichikawa , I 'd move there.



posted by さっとん at 23:32| 三重 ☔| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

whatever

Whatever your reason are , I can't forgive you.
posted by さっとん at 14:02| 三重 ☔| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

No matter where

I'll always remember you,no matter where I go .
posted by さっとん at 19:00| 三重 ☔| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

No matter where

No matter where I go , I always run into someone I know.
posted by さっとん at 21:44| 三重 ☁| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

日めくりで英語を学ぶ

今年は英語に毎日接しようと英会話日めくりを壁に掛けてます。

朝起きた時、昼休み、夜寝る前にお経のように唱えてます。

今日は、「近況を話す  仕事について」  3文です。

1.What's your company like?
会社はどうなの?

2.We've been doing well.
業績は良好だよ。

3.Our office has a good atmosphere.
職場の雰囲気はいいよ。

今年は、日めくりでペラペラになる予定です。(^-^)

8D5C0F12-8177-44B2-A8F1-C41B9FA9AC6B.jpg
高橋 2017年 英会話シンプルフレーズ
posted by さっとん at 20:58| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

必ずものになる話すための英文法 初級編Part2を12月31日までに完成させる。

(事実)25年前に購入した市橋敬三 著 “必ずものになる話すための英文法”を
始めた。

(気づき)介護の仕事をしていると英語が勉強したくなってくる。
    (とても気分転換になる。iPhoneのおかげ)

(教訓)海外で何年も生活しててもほとんど上達してない人も多い。
英文法を「理解すること」と「身につけること」は全く違う。

(宣言)私は、必ずものになる話すための英文法 初級編Part2を今年の12月
31日までに完成させる。



 私は以前通訳をしていたとき、
在日米人の家を訪ねる機会がよくありました。
そこで働いていた日本人のメイドさんの例を紹介しましょう。

私がそういう米人家庭のいくつかに行くといつも、
「このことはどう言えばいいのですか」
とメイドさん達に、英語に関する質問責めにあいました。

質問される度に24時間英語の世界にいるという事実にも拘わらず、
そういうメイドさん達の英語力の低さに驚き、
行く先々のメイドさん達に、一体何年働いているのかと聴いて、
その長さに再度驚いた経験があります。

彼女たちは10年、15年も毎日24時間英語の世界にいるのです。

 しかし、英語力はというと極めて低かったのです。

これは英語の基礎力がない人がただ英語の世界に住んでも、
英語は進歩しないことを証明する生きた実例の一つです。


☆音読80回で英文法をものにする 市橋敬三メソッド より引用
 http://www.geocities.jp/boston_english_80/
    

posted by さっとん at 21:34| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索