2008年11月17日

ミスポター  ☆☆

ミスポター


 ピーターラビットという世界で最も有名なうさぎを書いたビアトリクス・ポターのお話です。

僕の映画の見方は連続テレビドラマ式で、ごはんを食べた朝7時30分から15分間みる方式です。

一般的な評価と全くちがうコメントになるかもしれませんが、あくまでさっとん流の評価です。


 ポターは、自分の書いたピーターラビットを売り込みに行きます。
しばらくすると書籍がどんどん売れるようになりました。
その時の担当者と恋に落ち、二人は結婚を約束します。

 20世紀初めのイギリスには、貴族とビジネスマン(地位が低い)との結婚は考えられないことでした。

周囲の反対を押し切り、やっと幸せを手にいれかけたかと思いきや、彼は肺病を患いなくなります。

 それから土地の開発業者との競売など、自然をとても愛したポターのお話です。

情緒的な風景やゆったりしたストーリーが好きな人にはよい映画だと思います。

 
 以前、日本の資本主義とイギリスなどの欧米の資本主義が全く異質なものであると本で読んだことがあります。

また近いうちに書きたいと思います。

posted by さっとん at 15:55| Comment(0) | 映画(ドラマなど) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

闇に舞い降りた天才アカギ

以前、GYAOで連載してましたが、結構はまります。

血を流さずして自分の身を削らずしてどうして人をだませよう

という言葉が一番印象に残ってます。


闇に舞い降りた天才アカギ
        http://jp.youtube.com/watch?v=CCPtetQjeVM&feature=related
posted by さっとん at 12:13| Comment(0) | 映画(ドラマなど) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。