2015年08月10日

さあ、脳を進化させよう! ポール・マッケンナ

夏場はエアコンが効いた中で仕事をしているせいか体調は
すこぶる良好です。

しかし、良好でないのが自分の「脳」です。
その理由は、脳のより多くの部分を活用できてないから。ふらふら

本来人間は天性の学習者であるそうです。
それを証明するのが赤ちゃんです。
赤ちゃんは、立ち上がろうとして何度も失敗しても決してあ
きらめず、ある日それに成功します。

新しい仕事についたり、勉強を始めたりする時に障害にな
るのが、

・非生産的な精神状態
・効果のない戦略
・あきらめるのが早すぎる

ことなのだそうです。

障害物を一掃しましょう!

☆この本についてる催眠CDは、自分にあってるのか聴いてると
眠りにおちてしまいます。






★さあ脳 p43〜52
・学習の障害物(恐れ、いらだち)一掃

・脳のより多くの部分を活用

私たちが新しいことを学ぶのを妨げるもの
・非生産的な精神状態
・効果のない戦略
・あきらめるのが早すぎる

人間は天性の学習者

刻々と変わる社会のニーズに教育制度が追いつかずにいる。

競争力 迅速に学習して適応する能力
12:52
posted by さっとん at 21:05| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

40歳以上はもういらない  田原総一郎 著

 ある日気づいたら53歳になってた僕ですが、田原氏が最もおもしろかった
本として、「職業は武装解除(朝日新聞出版)」瀬谷ルミ子 (著) をあげて
います。

 別に強い使命感でなったわけではないと謙遜されてますが、治安が悪く、
いつ弾丸が飛んでくるかわからない地域に女性が入るということに驚きを
禁じ得ません。

西アフリカのシエラレオネでは、子供を連れ去り兵士にすることが横行し
ているそうです。

10歳の子供たちが兵士として人を殺す現実を見た時に、日本の少年法など
吹っ飛んでしまうところがある現実。
その子供たちは被害者であり、加害者でもあるため、心に大きな傷を負って
いるケースが非常に多いそうです。

 兵士から武器を回収し、一般市民として社会復帰させるという民間では、
今まで誰も手がけてなかった仕事を始めたきっかけや紛争地域の現状を話し
てくれてます。


 

☆40歳以上はもういらない 読書メモ

・加害者 被害者
19:34

・日本 少年法
・10歳の子供が人を殺す現実
19:33

・ブラッドフォード大学院
・ニッチ(スキマ)

シエラレオネ
子供さらい強引に兵士
19:32

「戦後日本」が紛争地に与える希望
・瀬谷ルミ子(せや)
日本紛争予防センター(JCCP)
2007〜
・職業は武装解除(朝日新聞出版)

兵士から武器回収
一般市民として社会復帰
19:28
posted by さっとん at 21:45| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

今すぐ50個手放しなさい!  ゲイル・ブランキ 著

 このブログでも以前紹介した「今すぐ50個手放しなさい!  
ゲイル・ブランキ 著」を読み返してました。

ものが散らかっていると、すべてがボンヤリになってしまい、
頭の切れが悪くなり、チャンスをとらえる能力や、自分のブラ
ンドを変化させていく能力も衰える。(p106)

思わず「これだったのか」と自分が能力を十分出し切れてない
重要な原因に気づかされたような気がしました。

・自分が正しい
・セルフイメージ
・過去
・完璧
・思い込み

を捨てるために、2週間前から一日5個捨てたものをノートに書く
断捨離を実行中です。

 大切なことは、「事実」と「解釈」をごっちゃにしないこと。

マイナスの「解釈」は、エネルギーの無駄遣いであることを肝に銘
じる。
 
ハングリーであれ、愚かであれ  スティーブ・ジョブズ



 


★50個
事実と解釈をごっちゃ
12:22

読書メモ
★50個
・ハングリーであれ、愚かであれ
・本当の喜びは達成することよりも
努力すること。
・努力の大きな部分を占めているのが、実はこまめな過去の手放し作業
・ものが散らかっていると、すべてがボンヤリになってしまい、頭の切れが悪くなり、チャンスをとらえる能力や、自分のブランドを変化させていく能力も衰える。(p106)
11:38

読書メモ
★50個
・自分が正しい
・イメージセルフ
・過去
・完璧
10:51

部屋の掃除をする
10:47
posted by さっとん at 21:28| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

1分間ピケティ  西村克己 著

3月18日より介護施設に就職し、全く初めての経験ばかりだった
ためブログまで手が回りませんでした。

仕事はまだ一人前といえるにはほど遠い状態ですが、読んだ本の足
跡を残していくことにします。

今日は、「1分間ピケティ 西村克己 著」の“はじめに”を読んで
ました。

ピケティは、「富めるものから富んでいけば、いずれ富の格差は
なくなる(トリクルダウン)」を完全否定しています。

・資本主義  資本の活動が利潤や価値を生み出す体制。
社会に貨幣(資本)を投下し運動させ、より大きな貨
幣となって回収するサイクル。

・民主主義  個人が技能に合わせて平等。
正当な所得を得る権利を持つ。

資本主義では、(労働所得)と(資本所得=不労働所得)により
貨幣(収入)を得ます。

たとえば1億円のマンションで500万円の収益(5%の資本収益率 r)
日本の経済の成長率(1〜2% g)

すなわち、資本収益率(r)>経済成長率(g)

という有名な公式が導かれ、富の分配による民主主義が重要であると
説いてます。
posted by さっとん at 18:20| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月17日

 「ブルドーザー主義」はもう古い  @シノドス編集長  荻上チキ

「40歳以上はもういらない 田原総一朗 著」のchapter1は、
思想系ウェブサイト“シノドス”を運営されている方です。

 田原氏が「日本の大企業でいま魅力的な会社がない」と指摘。
経済成長の中、経営者は「守りの経営」すなわち失敗しない人が
えらくなる組織ばかりになってしまいました。

それが今、日本の企業が世界で苦境に陥っている大きな原因です。

 「シノドス」のビジネスモデルは、月500円のメルマガを千人に
配信することが基本にイベントや講演などをマッチングさせたりす
ることで売上を作っているようです。

 著書では、「教育」「地方分権」「社会保障(年金)」について対
談しています。

 橋下徹大阪市長が義務教育課程の留年を検討した際に、シノドス
でも徹底的に調べ上げた記事を掲載しました。
その結果、留年は短期的には効果があるが、長期的には悪影響があ
るとの結論に達しました。
http://synodos.jp/education/1396

また、橋下知事は消費税を全部地方税にして、国からの地方交付金
をもらわないことで、地方が独自の財源を確保し、地方間で政策間
競争をさせる政策を出しました。

たとえば、ある地方公共団体では、事実婚や婚外子、同性愛者に対
して寛容になれば少子化対策の一つになるのではないか?

 社会保障費(年金)においては、1950年生まれが300万円のプラス。
1980年生まれは1940万円のマイナスになります。

現在の賦課方式を廃止して、積立方式にすべきで、今年金をもらって
いる世代の750兆円を、年金改革公債として100年かけて返済していけ
ば3%の消費税ですみます。

 僕が住んでいる志摩市にできた第二伊勢道路の200円も知恵を絞れば
無料化が実現できるのだそうです。

体と頭で汗をかかなければ僕を筆頭にあんごし者は大損をしそうです。犬
posted by さっとん at 18:27| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月11日

自分で作るセーフティーネット  生存戦略としてのIT入門  佐々木 俊尚 著

 今の日本はバブルの頃とは全く違います。
古い価値観がどんどん壊れて格差が広がり、将来の不安をかかえてい
る人がいっぱいいる。

 経済、情報などのグローバル化で「理の世界」が大量に流れ込み、
昔の日本にあった「情の世界」が置き去りにされてないかを問題提起
されてます。

 いわいる“ムラ社会”は江戸時代に成立し、昭和初期には人間関係を
固定化し、内と外で区別し、相互監視を強化していきました。


 有名な社会心理学者 山岸俊男によれば“日本人は和を重んじる”と
いうのはウソで、集団主義社会(ムラ社会)は、安心を生むが、信頼を
破壊すると喝破しています。

 太平洋戦争時、敵国日本を調べたアメリカ人学者のレース・ベネデ
ィクトは、「西洋は罪の文化、日本は恥の文化」とし、その特質を意
識した作戦を考えるよう本部に申告します。

 高度成長により共同体の役割は、「会社」「組合」などに移ってい
きます。

ところが今、会社のために黙々と働いても、残念ながら報われない時
代です。
ブラック企業、派遣社員、契約社員が増え、以前の会社という箱がな
くなり、苛烈で残酷になってます。

著者は、強すぎるきずなは「同調圧力」を生み出してしまう危険があ
り、ゆるいつながりを重視することが重要であると述べてます。

そのツールとしてフェイスブックやツイッターなどを活用することを
提案しています。

それらによってセーフティネットを再生させ、新しい「情の世界」を
構築することが、僕自身の生存戦略としても意味がありそうです。

posted by さっとん at 23:16| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

世界から猫が消えたなら  川村 元気 著

 以前にもブログで紹介しました。

また読み直してみると、これが現代の小説でありながら、な
かなか哲学的で、ふだん誰もが当たり前で気にもしてないこ
とが実はとても大切であったりすることに気づかせてくれま
す。

 主人公の青年は、医者から長くは生きれないことを宣告さ
れます。
その後、悪魔が現れて、「この世から何かを一つ消せば一日
だけ命をあげる」とささやかれます。

“世の中には悪魔に魂を売りたがっている人間がたくさんいる。
問題は買ってくれる悪魔がなかなかいないこと”で、主人公は、
非常にラッキーなのだと教え込まれます。

“道を知っていることと、実際に歩くことは違う”(P94)

“ほとんどの大切なことは、失われた後に気づく”(P117)

“自分で自分の死を悲しむことはできない。死は自分の周りに
しか存在しない。本質的には猫の死も人の死も同じなのだ。
なぜ人間が猫を飼うか。
人間は自分が知りえない、自分の姿、自分の未来、自分の死を
知るために猫といっしょにいるのではないか”(P166)

 解説の中森明夫氏もこの作品は後世まで読み語られる作品だ
と絶賛。
この作品から「愛する」とは「消えてほしくない」ということ
なのだということを訴えてました。猫
posted by さっとん at 21:59| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

エッセンシャル思考  グレッグ・マキューン 著

 今は競争過多の時代で、ほとんどの人が以前よりも膨大な仕事を
まかされ、処理がおぼつかずストレスをためやすい傾向にありま
す。

学生時代は旺文社のエッセンシャル英和辞典を使ってました。
「エッセンシャル」を辞書で調べると、本質的な 絶対必要な 
不可欠と出てきます。
ネットで自分をさらけ出している自分が、どういった思考で望
めば、最小の時間で最大の効果を上げられるかを学びたくて読
みました。

 フェイスブックなどのSNSやブログは自分では気づかなくても、
自分の人間性や教養、いい人か悪い人かなどが自然に浮き出てし
まうのが怖いところです。

 安宅和人 著の「イシューから始めよ」では、やるべきことを
10分の1に減らしなさいと述べてます。

「スマートシンキング」では、マルチタスクをやめてシングルタ
スクでいかなければ成果はあがりにくいことを説明しています。

この「エッセンシャル思考」では、99%の無駄を捨て1%に集中し
なさいとのことです。

 人が行くべき方向性を見失う理由として、欲張りすぎたり、他人
の意見に左右されてしまうことをあげてます。
本質を見失うことの代償は大きいことを身にしみて感じます。

 ホスピスで死を迎える患者の多くが、「他人の期待にあわせるので
なく、自分に正直に生きる勇気が欲しかった」との言葉を残しこの
世を去るのだそうです。

 ×「どれも大事」 「全部やる」 「やらなくては」ふらふら

 ○「大事なものはめったにない」「何でもできるが全部はやらない」
  「やると決める」わーい(嬉しい顔)

レコーディング・ダイエット150117.png
(今月は73.0sを目標に設定しています。犬 )
posted by さっとん at 17:45| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

A4の方眼ノートは使いやすい。

 できん奴だとお思いでしょうが、できん奴ほど できる奴を真似
たがるものでございます。
いつになったらできる奴になるんでしょう?

 以前にも書きましたが、僕は岡田斗司夫さんの“スマートノート
で天才になろうと試みてました。
その後、3本線ノートで文岡中学時代のノートの取り方が非常に秀逸
であったことに35年を経て再発見したのでした。

 昨年8月5日より「頭がよい人はなぜ、方眼ノートを使うのか? 
高橋 政史 著」の影響でA4の方眼ノートを使ってます。

僕の場合、字が下手なのと行頭が不安定なため、どうしても汚い
ノートになりがちでした。
それが方眼ノートだと、行頭が揃うので後で読み返したくなって
きます。

このブログは、頭のよいさっとんが方眼ノートに書いた内容を一
日寝かせて書いてます。
ブログが途切れてるのは、ノートに書くことを怠っていると思っ
ていただいて間違いありません。

 大事なのは「フォーマット」、野球の選手で言えば「フォーム」
がぶれないよう一定にさせることを心がけてます。

黄金の3分割とは、「事実」「解釈(気づき)」「行動(要約)」を
分けて、自分の考えを明確に伝えれるようにするしかけです。

 また人の目は横に並んでいるので、ノートは横長にする方が、
理解スピードや情報把握のスピードを上げることができます。
パソコン、映画、テレビが横長になっているのもそのためです。TV


<最近聴いてる歌コーナー>
https://www.youtube.com/watch?v=NyCG6epl1m8
              鶴田浩二 傷だらけの人生

 自分はまだ若いと思ってましたが、いつのまにか古い方からの
方が早くなってきました。
おてんとさまの方を向いて、力強く生きてこうという思いにさせ
てもらえる歌です。

posted by さっとん at 23:48| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

What is smart thinking?  「知能」ではない  ☆スマートシンキング  アート・ マークマン 著

 自分の現在ある「知識」を最大限利用して、手詰まり状態の不安や
ストレスから脱出するための必要な「考え方」を知ることが目的です。

自分の可能性を生かし切れず、やりたいことを見いだせないジレンマに
陥っている僕にヒントを与えてくれます。

賢くなるために必要なものは、自分の心の道具箱の中にある。
大切なことは、
・質の高い知識を得る
・必要な時にその知識を即座に探し出せる

ことです。

 と言えば非常に高尚な知識が必要なのかと勘違いしてしまいますが、
「思考法」を補強し、自分の知識を応用して問題解決や目標を達成させ
る「考え方」が学べます。

 <P34の自己認識テスト>

○自分の知っている情報を定期的に他人に話している。わーい(嬉しい顔)

×情報に乗り遅れないように、自分の専門分野に関する最新情報には必
 ず目を通す。 ふらふら    ×

×新たな問題に対しては、常にそれに応じた独自のやり方でアプローチ
 する。もうやだ〜(悲しい顔)  ×

×仕事の効率を高めるため、一度にいくつもの仕事を並行して行う。ふらふら ×

○はスマートシンキング
×は避けた方がよい行動 スマートシンキングの妨げになる

 今年は自分の知っている情報をブログに発信していきます。
本年もどうぞよろしくお願いします。犬
posted by さっとん at 16:53| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索