2017年02月02日

2章 もっと「孤独」になるべし  孤独を貫け   小林よりのり 清水克衛 著

 “本屋さんに行こう”という提案から入ります。
効率的にアマゾンで自分の読みたい本を探すことは合理的ではありますが、
偶然の出会い(知らなかった世界)と遭遇することが難しくなっているので
はとのことです。

たとえばアマゾンでは、右寄りの本を買うと同じような傾向の本がずらっ
と紹介されます。
予定調和、知識のたこつぼ化となり、独創性から遠のきます。

 一方、本屋さんでは遠回り、寄り道になり、非効率的ではありますが、
全く知らなかった世界との遭遇することもあります。 

日本人を自堕落にしているスマホ(携帯)を捨てて“孤独になれ”と唱えて
ます。
イメージだけで語ってはならない。
人間(他人)に対して読解力を持つことの重要性を説いてます。

 すなわち「死生観」(いかに死ぬか)が明確になれば、使命感が生じ、
「私」への執着が薄れ、「公」に対する気持ちが大きくなるとのこと。


kodoku17031.png
(BEITELのアウトラインプロセッサーを活用してみました。)


kodoku170201.jpg

posted by さっとん at 00:07| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

「行間」に込めた含意を読み取れるか  「孤独を貫け」 小林よしのり 清水克衛 著

 2015年中国が南沙諸島で灯台を作り、軍事基地の拠点を拡大していました。
近隣のベトナム、フィリピン、インドシナにとっては脅威以外何物でもありま
せん。
暴走する中国をけん制するため米軍の艦船が航行し、下手をしたら局地戦(存立
危機事態)になるところでした。
小林氏は、米国を支持します。

 一方で米国のアフガン侵攻、イラク戦争には批判しています。
アフガン侵攻においては米国は撤退を断念しなければなりませんでした。

 また集団的自衛権(安保法制)については、存立危機事態において米軍を後方支
援する覚悟が日本にあるのかを説いてます。

アメリカに賛成は右派、反対は左派といった分け方は安直な発想です。
0か1のデジタル思考の間に無数の少数があり、頭を使わない楽な考え方を捨てる
ことが日本人に求められています。


kodoku170130.jpg
(BEITELのアウトラインプロセッサーを活用してみました。)
posted by さっとん at 23:46| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

自助論  サミュエル・スマイルズ

イギリスの哲学者フランシス・ベーコン(イギリス)の言葉に
“Knowlede is power”『知は力なり』があります。

ところがその力である『知』が害悪をもたらす時もあります。
・愛情なき心
・行動を伴わない知性
・やさしさにかけた才気

『知は力なり』とは、『人格こそ力』であるとも言えます。
・言行一致
・良心⇒人格を守る砦(とりで)であり人生に大きな影響を与え
ます。

『力』とは反復であり、楽天性を伴った意思力であると説い
てます。

空高く飛ぼうとしない精神は、やがて地に墜ちる。

このブログも農(脳)業であると捉え、コツコツ耕し、肥料を
まいて収穫をあげ、また種をまくサイクルを作り上げていきた
いです。

最終目標は、面白くなることです。
D8C71CA6-B8F8-4025-8100-5D62A38E3E03.jpg

posted by さっとん at 23:48| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

人生の9割は逃げていい  井口 晃 著

結論は、“大事な人とつきあう”ために人と会おうということです。

自分にとって重要でない人に嫌われても大したことではありません。
みんなに好かれようとすると誰からも好かれなくなってしまいます。

キーポイントは、自分の価値観を理解してくれて無条件で受け入れて
くれるかということです。(受容)

混沌、混乱、ストレスフルな毎日から抜け出すには環境を変えるのも
一つの方法であると説いてます。

僕のようなちょっと心が風邪気味?の方が読むとほっとする一冊です。
E38E808A-78F7-4A5E-911B-1774891F6F69.jpg



posted by さっとん at 23:51| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

説明上手になれる「らくがき」の技術 ミリー・ソネマン著

イメージを表現する簡単な絵こそ最強の説明スキルであることを紹介しています。

らくがきが多くの人に共通認識をもたらしたり、情報を整理・分析できたり、人生がとても面白くなることを説いてます。

隠れていた才能を目覚めさせられるかもしれません。
僕のように絵心のないものでも、らくがきなら気楽にできそうに思えてきます。

9A5FEEB1-F661-4CD0-BD95-0CD9F6201AB5.jpg

E0C67B58-E72F-432C-A712-7E93B3F6854D.jpg
posted by さっとん at 23:05| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

「自分メディア」はこう作る! ちきりん 著

人気ブロガーちきりんさんのブログ経営について知りたかったので読んでみました。


はてなブログで少し注目されるようになり、その後いろいろな周囲の環境の変化の中で、どうすれば購読者(ファン)を増やせるか?
マーケティングの観点からその時点で最良の選択をされたことにより、アクセス数10万以上のメディアに育てあげました。

現在、ちきりんさんは数多くの著作を出し、取材を受けることが多いですが、自分のスタンスを決して曲げることなく発信されているところに自分にはない戦略を感じます。
posted by さっとん at 17:02| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

開脚もできないヤツが何かを成せると思うな

今日は休みだったので午前10時頃からkindleで岡田斗司夫の「スマート
ノート」を読み直してました。

「スマートノート」とは、肥沃な培養土をふやして一年を通していつでも
おいしい果実を提供できるようにする修行の場です。

おもしろい人(すなわち天才)になろうという発想です。
天才とは、「発想力」「表現力」「論理力」が非常に優れた状態を指し、三
位一体でなければなれません。

その第一フェーズとして、今日の出来事で印象に残っていることを5つ書く
“5行日記”を提唱しています。

・ばあば亭で昼食を食べる。
・おけをハイターにつける。
・洗面台を掃除する。
・ジムでパソコンの先生に会う。
・ワンダーグーで本を2冊購入する。

★書いたら後は忘れる。
★今日の出来事に5段階評価をつける。
★頭の中だけで(ジャグリング)処理しない。
⇒悩みの解決につなげる。
・何がいやなのか。
・なぜ今こう思ったのか。

自分の考え、感覚、感情を言語化(日本語化)することでおもしろ
い人になり、高齢化社会を乗り越えていきたいです。

(参考 ・どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになる
すごい方法 Eiko 著
・スマートノート 岡田斗司夫 著)

E8AAECA0-A3DE-496A-A13B-E63FBDCA844B.jpg
ばあば亭 昼食  1000円 元気でます。(^o^)/



He's hard to please.
posted by さっとん at 22:07| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索