2017年04月07日

徒然草・・・第7段 あだし野の露

 命あるもので、人間ほど長生きなものはない。かげろうのように朝生まれて夕べに死に、なつぜみのように夏だけで春秋の季節美を知らない短命な生物もいる。
それに比べたら、人間の場合は心安らかに一年間を送れるというだけでもなんとのどかな話ではないか。
もしも命に執着すると、たとえ千年の長い年月を過ごしても、それはたった一夜の夢のようにはかなく感じるだろう。
どうせ、永遠に住めないこの世に醜い姿になるまで生きていて何になろうか。
長生きすると、恥かくことも多くなる。
長くても四十そこそこで死ぬのが無難というものだ。
 その年齢を過ぎると、容貌の衰えを恥じる気持ちもなくなり、平気で人前に出て、社交的にふるまおうとする。
さらに日没の太陽のような老齢の身で、子孫を溺愛し、彼らの繁栄を見届けようと、長寿を望み、世俗の欲望ばかり強くなり、深い感動の味わいもわからなくなっていくのは、なんとも救いがたい気がする。
(ビギナーズ・クラッシック 徒然草  角川書店編)

 徒然草の作者は、鎌倉・南北朝時代の歌人・文人であった吉田兼好です。
兼行は、人間の力ではどうあがいてもどうにもならないさまを「無常」と表現しました。
わかさ、美しさ、富、名声、愛など兼行独自のとらえ方を新鮮な驚きで読んでおります。

tureturegusa170407.jpg 

 命あるものを見るに、人ばかり久しきはなし。かげろうの夕べを待ち、夏のせみの春秋を知らぬもあるぞかし。
つくづくと一年を暮らすほどだにも、こよなうのどけしや。
あかず惜しと思はば、千年(ちとせ)過ぐすとも、一夜の夢の心地こそせめ。
住み果てぬ世に、醜き姿を待ち得て何かはせむ。
命長ければ辱(はじ)多し、長くとも四十(よそじ)に足らぬほどにて死なむこそめやすかるべけれ。
 そのほど過ぎぬれば、かたちを恥づる心もなく、人に出(い)て交(ま)じらはむことを思ひ、夕べの陽に子孫を愛して栄ゆく末を見むまでの命をあらまし、ひたすら世をむさぼる心のみ深く、もののあはれも知らずなりゆくなむ、あさましき。
posted by さっとん at 00:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

直感力を高める数学脳のつくりかた  バーバラ・オークリー 著

 “ありのままの自分と、他の人とは違う特質に誇りを持ち、それをお守りにして目標を達成しよう!”

 GEOで立ち読みをしてた時に目に入った文章が気に入り購入。
この本では数学脳と謳ってますが、科目を問わず適用できる内容です。

 帯には読売新聞8月28日に、東京大学教授の細川範之氏が「脳科学や心理学的な知見を取り入れて、かなり具体的な学習法が書かれていて、受験生やその家族にとっては役立つ一冊だろう」と書評を書かれてます。

 僕のケースで言うと、ある科目を勉強し始めても途中で先延ばしにしてしまい、後でやることが増えてしまいモチベーションが低下してしまうパターンが多かったです。
「今日は英文を5つ覚えよう」と計画を立てたが、井上尚弥のボクシングを見てたらそちらに気がいってしまい「明日やろ」と先延ばしにしてしまいました。
“先延ばし”は、アルコールやたばこのように依存性があるとのことです。

 本書では“先延ばし”対策として「ポモドーロ・テクニック」を提唱しています。
集中モードに25分間入ったら休憩を入れます。(一日に3回以上が目安)
休憩の時間は拡散モードと呼ばれ、この時間が学習者にはとても大切なのだそうです。

長時間労働が見直しの風潮がある中、長時間の学習よりも上手にアタマを使うことに焦点を当てようというのがこの本のテーマのように思います。

学問に王道なしですが、基本は筋トレ同様コツコツ学習を進めていくことと説いてます。

 「集中モード」と「拡散モード」、「休憩」が学習にいかに大切かが非常によくわかりました。

http://www.lifehacker.jp/2014/07/140714pomodoro.html
     『Lifehacker 今日から始める生産性アップ術。ポモドーロ・テクニック再入門ガイド』

sugakunou170327.jpg
posted by さっとん at 21:57| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

2章 もっと「孤独」になるべし  孤独を貫け   小林よりのり 清水克衛 著

 “本屋さんに行こう”という提案から入ります。
効率的にアマゾンで自分の読みたい本を探すことは合理的ではありますが、
偶然の出会い(知らなかった世界)と遭遇することが難しくなっているので
はとのことです。

たとえばアマゾンでは、右寄りの本を買うと同じような傾向の本がずらっ
と紹介されます。
予定調和、知識のたこつぼ化となり、独創性から遠のきます。

 一方、本屋さんでは遠回り、寄り道になり、非効率的ではありますが、
全く知らなかった世界との遭遇することもあります。 

日本人を自堕落にしているスマホ(携帯)を捨てて“孤独になれ”と唱えて
ます。
イメージだけで語ってはならない。
人間(他人)に対して読解力を持つことの重要性を説いてます。

 すなわち「死生観」(いかに死ぬか)が明確になれば、使命感が生じ、
「私」への執着が薄れ、「公」に対する気持ちが大きくなるとのこと。


kodoku17031.png
(BEITELのアウトラインプロセッサーを活用してみました。)


kodoku170201.jpg

posted by さっとん at 00:07| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

「行間」に込めた含意を読み取れるか  「孤独を貫け」 小林よしのり 清水克衛 著

 2015年中国が南沙諸島で灯台を作り、軍事基地の拠点を拡大していました。
近隣のベトナム、フィリピン、インドシナにとっては脅威以外何物でもありま
せん。
暴走する中国をけん制するため米軍の艦船が航行し、下手をしたら局地戦(存立
危機事態)になるところでした。
小林氏は、米国を支持します。

 一方で米国のアフガン侵攻、イラク戦争には批判しています。
アフガン侵攻においては米国は撤退を断念しなければなりませんでした。

 また集団的自衛権(安保法制)については、存立危機事態において米軍を後方支
援する覚悟が日本にあるのかを説いてます。

アメリカに賛成は右派、反対は左派といった分け方は安直な発想です。
0か1のデジタル思考の間に無数の少数があり、頭を使わない楽な考え方を捨てる
ことが日本人に求められています。


kodoku170130.jpg
(BEITELのアウトラインプロセッサーを活用してみました。)
posted by さっとん at 23:46| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

自助論  サミュエル・スマイルズ

イギリスの哲学者フランシス・ベーコン(イギリス)の言葉に
“Knowlede is power”『知は力なり』があります。

ところがその力である『知』が害悪をもたらす時もあります。
・愛情なき心
・行動を伴わない知性
・やさしさにかけた才気

『知は力なり』とは、『人格こそ力』であるとも言えます。
・言行一致
・良心⇒人格を守る砦(とりで)であり人生に大きな影響を与え
ます。

『力』とは反復であり、楽天性を伴った意思力であると説い
てます。

空高く飛ぼうとしない精神は、やがて地に墜ちる。

このブログも農(脳)業であると捉え、コツコツ耕し、肥料を
まいて収穫をあげ、また種をまくサイクルを作り上げていきた
いです。

最終目標は、面白くなることです。
D8C71CA6-B8F8-4025-8100-5D62A38E3E03.jpg

posted by さっとん at 23:48| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

人生の9割は逃げていい  井口 晃 著

結論は、“大事な人とつきあう”ために人と会おうということです。

自分にとって重要でない人に嫌われても大したことではありません。
みんなに好かれようとすると誰からも好かれなくなってしまいます。

キーポイントは、自分の価値観を理解してくれて無条件で受け入れて
くれるかということです。(受容)

混沌、混乱、ストレスフルな毎日から抜け出すには環境を変えるのも
一つの方法であると説いてます。

僕のようなちょっと心が風邪気味?の方が読むとほっとする一冊です。
E38E808A-78F7-4A5E-911B-1774891F6F69.jpg



posted by さっとん at 23:51| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

説明上手になれる「らくがき」の技術 ミリー・ソネマン著

イメージを表現する簡単な絵こそ最強の説明スキルであることを紹介しています。

らくがきが多くの人に共通認識をもたらしたり、情報を整理・分析できたり、人生がとても面白くなることを説いてます。

隠れていた才能を目覚めさせられるかもしれません。
僕のように絵心のないものでも、らくがきなら気楽にできそうに思えてきます。

9A5FEEB1-F661-4CD0-BD95-0CD9F6201AB5.jpg

E0C67B58-E72F-432C-A712-7E93B3F6854D.jpg
posted by さっとん at 23:05| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。