2013年02月22日

PLANT志摩店 9月20日オープンに伴う地元説明会に行く。

おととい(2/20)の午後7時30分より、志摩商工会にて、「大規模小売店舗立地法
に基づくPLANT 志摩店 出店に伴う地元説明会」に行きました。

場所は、三重県志摩市磯部町穴川字土橋1172-1ほか55筆
店舗面積は、7202u
駐車台数  457台
営業時間は、午前9時〜午後10時
販売する物品は、生鮮食品、日用雑貨、衣料品、園芸資材など

説明会を聞いた感想は、詳細に調べ上げて出店をしてます。
既存のイオンやササヤマ、主婦の店、コメリ、地元商店にとっては、大変な衝撃、
町自体の流れが大きく変わる予感がします。

(資 料)PLANT志摩店 出店に伴う地元説明会資料 平成25年2月20日
plant.pdf
posted by さっとん at 18:01| Comment(0) | 志摩地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

志摩ギターを楽しむ会 第12回コンサートのご案内

1と き  2012年11月24日(土)午後19:00〜21:00 ※開場18:30

2ところ  阿児アリーナ ミーティングルーム

3内 容  (1)ギターソロ  吉川伸幸さん
ユユンババ(ドメニコーニ)

(2)ギターソロ(6弦ギター)広垣 進さん
セレナーデ(シューベルト)
ノクターン(ショパン〜広垣進編)
リュート組曲第3番(バッハ)

休 憩
(3)ギターソロ(11弦ギター)広垣 進さん
シチリアーナ(作曲者不詳)
パイパー大尉のガリアルド(ダウランド)
アルメイン(ジョンソン)
ルドピーコのハーブを模したファンタジア(ムダラ)
牛を見張れによる変奏曲(ナルバエス)
(4)Dr.井本先生のソロ
(5)ギター二重奏
広垣 進さん&吉川伸幸さん

連絡先   電話  090-3560-4881
mail fumiu@shima.mctv.ne.jp
posted by さっとん at 17:04| Comment(0) | 志摩地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

里海創生・・・・志摩の海にあこがれて

次に志摩自然学校校長・生賀(しょうが)照夫さんの「里海創生・・・
・志摩の海にあこがれて」でした。


京都出身の生賀さんは、平成17年6月に観光振興委託事業の一環として
自然体験、特産物、観光施設を利用した“集客事業”・志摩自然学校をス
タートさせます。

平成17年は500人であったのが、平成24年は8000人と右肩上がりで伸び
てます。

・内湾なのに美しい水辺環境
・リアス式海岸の入り江と照葉樹林による自然に囲まれてる感
・有人、無人の大小の島々があり、景色が変わるので飽きない
・青海苔のみどりのじゅうたん
・真珠養殖の作業の屋形
・檜扇貝(ヒオウギ)、牡蠣(カキ)、スズメダイ、タコ、クラゲ
・天然もずく、海松、渡り蟹、イカ
・夜光虫、海ホタル

志摩の普通は、都会では特別!!

スタッフには、特別難しいことを言わなくても、今見えることを伝えた
らお客様は十分に満足してくれることを伝えているそうです。

志摩には人が集まる三要素(水・緑・光)があり、食べ物がおいしく
人がやさしいなど非常に付加価値の高い地域であることが理解できまし
た。


志摩自然学校もスタートから順風満帆で来たわけでなく、当初は伸び
悩みがありました。
そんな時に近鉄がテレビで15秒と30秒の志摩のCMを流してくれたおか
げで問い合わせが急増しました。

どれだけよいものであっても外に発信しなければ客は来ない。
メディアとの連携がいかに大切であるかを痛感されたとのことです。

地域活性化の仕掛け人は、若者・バカ者・よそ者と言われます。
(さっとんは、変わり者と言われてます)


今は、○○○が作っているのりとか真珠とか貝といったように顔が見え
ることが大切であること。

加工品として出すと付加価値が上がるなど漁業関係者の方たちの意識も
変えていかなければ先細りになってしまいます。

他にエコツーリズムやクラブツーリズムなどについても話していただき
ました。

shimasizen2.jpg

志摩自然学校shimasizen.pdf
posted by さっとん at 00:15| Comment(0) | 志摩地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

鵜方駅前 ささやに行く

sasaya1.jpg
(つけたしの赤魚)

sasaya2.JPG
(さしみ盛り合わせ)

sasaya3.JPG
(串刺し)

sasaya4.JPG
(寿司盛り合わせ)

生ビール2杯飲んで、全部で3500円でした。
とてもリーズナブルな価格設定です。
ここの店は非常に人気があるので、予約でないとまず入れません。
posted by さっとん at 22:03| Comment(0) | 志摩地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

味福(みふく)で「バタ貝づくし定食」を食べる。

菓子メーカーの営業で大阪営業所に赴任した時に先輩から「ナカジ
マ、おまえんとこの在所の隣は“渡鹿野”やないか!」と一躍脚光を
浴びました。

「志摩は、さしみやバタ貝などがおいしいです」とアピールをする
と、「バタ貝ってなんや?」と上司から怪訝(けげん)な顔をされまし
た。

その時は、“ひおうぎ貝”という別称を知らなかったので「ホタテによ
く似た貝です」と説明。

バタ貝は、全国共通とばかり思っていた自分の世間の狭さを知った瞬間
でした。

バタ貝とはひおうきがいの別称です。
とてもカラフルな貝殻の中にホタテ貝に似た身が入ってます。

ホタテ貝よりも味が濃厚で、ビールなどのアルコールによくあいます。
漁業関係者の中では古くからたべられていましたが、これまで一般市場
には出回らないものでした。

「味福(みふく)」では、この知られざるバタ貝を食材にしたメニューが
そろってます。
また、てこね寿司もあるので手頃に志摩の漁師のごちそうが食べれます。

“志摩のバタ貝が食べたい”と言えば、「この人は通の人かもしれん」
と一目置かれます。

是非一度、志摩地物のバタ貝を召し上がってみてください。

mifuku.jpg
「バタ貝づくし定食」950円  バタ貝チャーハン、バタ貝旨煮、バタ貝
フライ、サラダ

posted by さっとん at 17:26| Comment(0) | 志摩地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

アンティークCafe  三八珈琲館

昨日の昼過ぎにiPhoneに入れてあるevernoteのアプリで、写真を閉じ
ようと「完了」のボタンを押しても反応しなくなり全く使えなくなって
しまいました。

App Storeのレビューで確認してみると、最近バージョンアップしたた
めにタグの不具合で写真を撮ると落ちるなど、急に何もできなくなった
のレビューが並んでました


これらユーザーの不満に対して作成者側のコメントがないなどトホホな
状態です。


こういうことがあると、「不安定すぎて仕事には使えない」「クラウ
ドをどこまで信頼してよいか」など懸念を抱いてしまいます。


やはりアナログの絶対的信頼性は、まだ当分ゆらぎそうもないのかも
しれません。


アナログ的でアンティークな喫茶店が鵜方にもありました。
「食べログ」にも落ち着いてコーヒーが飲める店と紹介されてましたが、
「アンティークの家具や古道具の飾られた店内では、自家焙煎のコーヒ
ーをていねいに入れてくれます。
コーヒーもチェーン店では決して出せない味わいです」と評価もよいで
す。


店内には美術系の本や文庫本もたくさん置いてあり、絵が好きな人には
特にお勧めかもしれません。

僕が行った時はシャンソンが流れていて、時間の流れがゆったりした感
覚になりました。

ちょっと頭の切り替えをしたい時に寄ってみてはいかがでしょう。


sannpach3.jpg
(コーヒーも一杯ずつ入れてくれます)

sannpachi2.jpg

sannpachi1.jpg
(シックで隠れ家的な喫茶店です)

☆地 図☆
http://tabelog.com/mie/A2403/A240303/24010278/dtlmap/
posted by さっとん at 00:03| Comment(0) | 志摩地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。