2016年01月26日

複眼思考

今年の株価予想について、「激震 株価1万4千円割れへ」(週刊現代2/6号)、
「半年後2万3千円 これだけの根拠」(週刊ポスト2/5号)と予想が二分されて
ます。

悲観的な予想の「現代」は、日銀金融機構局が昨年10月に作成したレポート
“金融システムレポート別冊シリーズ”を根拠に展開しています。

これからが急激な円高、株安の本格局面であるとのことす。
その理由に日本のGDPや雇用の7割を占めるサービス業(レストラン、学校、
理美容室、運送、公共交通機関の運賃など)のサービス価格は上がってませ
ん。
そのため賃金もあげることができないためと述べてます。

また中国、アメリカの物価マイナスで企業経営者は内部留保に走ると予想し
てます。

3月期決算の大企業で赤字に転落する会社の例として、

・jx(ホールディング)→原油安ショック
・住友商事→マダガスカルのニッケル事業の770億が重荷
・ニチイ学館→中国ビジネスの失敗
・ロイヤルホテル
・日本郵船、商船三井、川崎汽船→新興国不振
・TDK、森精機、村田製作所→チャイナショック

トヨタは想定為替レート115円で円高になると減益になります。

東芝では今春入社予定の社員もリストラ対象とのこと。
原子力事業はあるものの兆円規模の売上、数万社の取引先に影
響必至で、倒れれば日本経済を大不況に突き落とすとのことで
す。

詳しくは、「現代」「ポスト」で確認をお願いします。

それでも”きっとよくなる”と信じて明日も楽しみましょう!
posted by さっとん at 15:22| Comment(0) | 雑誌など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

終末期(ターミナル期)の心理

今日は、キューブラー・ロスが示した終末期にある人の心理の過程を復習した。

★キューブラー・ロスによる終末期における死の受容段階

1.否認    死期を覚悟しながらも、かたくなにひにんする

2.怒り    死を覚悟し、「なぜ私が」と周囲に対し怒りを見せる

3.取引    死を回避するための希望を探し、努力する

4.抑うつ  死から逃げられないことを自覚し、気分が落ち込む

5.受容    死を受け止めるようになり、恐怖や不安が次第に薄れていく

「介護福祉士ポケット過去問 技術評論社p254」

人間は、葛藤から逃れることができないのかもしれません。

posted by さっとん at 23:04| Comment(0) | 雑誌など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

バタバタ倒産しそうな「ゴルフ場」の2015年問題  週刊新潮2/26

 22日の日曜日にモスバーガーでモーニングを頼み、週刊新潮
2/26号を読んでました。

・ゴルフ場の「2015年問題」とは何か?

 団塊の世代が70代に近づきゴルフから引退をする方が、人口
減少よりも早いペースで起こることです。

 その対応としてゴルフ場側は、イベントや価格を下げて若年層
にも間口を広げようとしてますが、それも限界線まで来ています。

ゴルフ場利用税と消費税の二重課税も原因の一つと考えられてま
す。

日本にはゴルフコースが2300あるそうです。
ゴルフ人口のピークは1992年の1400万人で、2015年は800万
人と、この10年間でも300社が倒産(負債総額4兆円)していま
す。

それでもまだ500社ほど過剰状態で、ゴルフ場がなくなると一
般の人も大変困ったことが起こります。

 その一つに、回りの宅地の不動産価格が暴落すること。
また、野生動物が増えて農作物に被害を与えることなどです。

多様な植物の生息地であるゴルフ場は「里山」の機能を持って
ます。
希少動物の宝庫で酸素産出量も高く、日本の農薬の毒性は非常
に弱いので、環境保全に大変役だってます。

地域住民の避難所としても活用できるゴルフ場をもっと意識し
たいものです。

posted by さっとん at 22:26| Comment(0) | 雑誌など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

“苫米地 英人” 人生を今すぐ変える「ものの考え方」 週刊女性3/3号

 昼前11時20分にプラントで鞄と100g100円の総菜などを購入する前に
喫茶店のランプに寄りました。

ここでは12時までモーニングサービスがあるのですが、昼前なので卵だ
けつけてもらいました。

30分ほどの滞在で4,5組の来客がありましたが、皆60代以上でした。
店員さんは若いですが、自分のように時間と暇のある方が結構いること
に一時の安堵感を覚えました。

 たまたま手にした「週刊女性3/3号」に“人生を変える「ものの考え方
第1回 苫米地英人」”の連載がありました。

苫米地氏は、脳科学者で多数の著書を出しており、ディベートの達人とし
ても知られてます。

 一般に日本人が考えるディベートとは、「朝から生テレビ」のような時
間をかけてだらだら口げんかのようなイメージを持たれる方も少なくあり
ません。
議論が佳境に入ると怒りやイライラの感情が入って、相手の理論を潰すこ
とや白を黒と言い換える詭弁の応酬となりがちです。

本来ディベートとは、最短の時間で「最適解」を求めることです。
問題に対して「正解」はありません。

ちまたでは問題解決の手法が多数出てますが、苫米地氏は、3つの武器を
使います。
1.データー(情報・事実)
2.クラント(根拠・考え方)
3.クレーム(主張)

クラント(根拠・考え方)が悪いと「最適解」は得れません。

 一例として、日本の人口減に関して、日本の人口の3/4であるドイツが
十分やれていることを上げ、それに対応した政策を実施すれば全く問題は
ない? とのことです。

 今までうまくいかなかった人は、どんな結果が出ても「成功」だったと
思うように結論づけしてください。
「失敗」したと思った結果を「成功」したと見るには、次号の週刊女性を
読んでみてください。犬


posted by さっとん at 14:34| Comment(0) | 雑誌など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。