2021年01月16日

スマートノート(岡田斗司夫氏考案)を再開させる。

 明日は関西淡路大震災のあった日です。僕は当時(95年)大阪の八尾市に住んでました。朝5時半頃に部屋が電車に乗っているような状態となり、いつまで続くのかと経験したことのない揺れに不安と緊張がヒートアップしました。その後も余震が続きました。
 菓子メーカーに勤めていたのですが、問屋からの注文を納品をするのに渋滞のため6時間ほどかかりました。震災から1週間ほど経ち、神戸の垂水(たるみ)区や板宿の方面は、爆撃を受けたように家がつぶれてました。
おばあさんが呆然と座り込んでいるのを今でも思い出します。

 さて、今日から岡田斗司夫氏が考案された「スマートノート」を方眼ノートで書くことにしました。
やはり手を動かし、自分が今日体験したことをノートに書き留めておくと、後々それが財産になることを思い出したからです。
“書くだけで心が楽になる”ので、今日の昼と夜何を食べたか記録しました。

https://www.youtube.com/watch?v=KaMoHdwZKHw
岡田斗司夫のひとり夜話「ノート術」(07/12)オカダノート面白いとは..

 明治大学教授の齋藤孝氏の「三色ボールペン活用術」では、情報を3色に分けて管理する方法を提示されてます。
赤  最も重要な情報
青  客観的に見てそれなりに大切な情報
緑  主観的に見て面白いと感じた箇所、情報

に分けてみると確かにわかりやすいです。

 ちょっとした工夫が後々大きな成果になるのだということを50代後半でようやく気づいた次第です。
人生に遅いはないかもです。(*^_^*)

Free PhotosによるPixabayからの画像

posted by さっとん at 21:14| 三重 ☀| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索