2019年11月26日

罪と罰 (上) 第二部 P385あたり

 マルメラードフは臨終の苦しみの中にいた。
さまようような視線で娘のソーニャ(売春婦)を見て、「娘よ、許してくれ」と叫び、手を差し伸べようとするが、支えがなくソファから前のめりに床に落ちてしまう。
ソーニャが父マルメラードフを抱きしめ、安心したのかその後意識が遠いていき、彼女の腕の中で亡くなった。

 ラスコーリニコフは、未亡人となったカテリーナ・イワーノヴナに生活費の足しにと20リーブリ渡す。
posted by さっとん at 19:42| 三重 ☔| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索