2017年02月07日

三重県・伊勢志摩地域の経済動向と見通し

 午後7時より志摩市商工会館多目的ホールにて、講師が、

(株)百五総合研究所 地域調査部 主任研究員の津谷 昭彦

氏の経済講演会がありました。


テーマは、「三重県・伊勢志摩地域の経済動向と見通し」で、

まずマクロ的に日本の経済の動向をおさらいし、伊勢志摩経済

についてサミット効果など、資料を基に詳しく説明していただ

きました。



 2016年の国内総生産の成長率は3四半期連続でプラスでした。

1月から3月期が0.7%、4月から6月期が0.5%、7月から9月期

が0.3%と景気が回復基調となってます。


日本の技術力や資本力、労働力など潜在的な体力を測る潜在成

長率が、1980年代は3〜4%、90年代が1%、今は0.2〜0.3%

だそうです。


昨年度の経済はまあまあのようで、リーマンショック前の水準

より良くなっています。




 ただ円安、原油高になると消費マインド、企業業績の下押し材

料になります。



また中国の経済減速、トランプのツイッター、国際情勢がもた

らす金融市場・為替の乱高下が実態経済に大きな影響を与える

ので注視してほしいとのことです。



 このブログを書いている時点で外国為替は、1ドル112円33銭

と円高に動いてます。


どの業界にも「想定レート」があり、自動車の場合103円88銭、

電気は104円80銭と、企業にとって居心地のよい為替水準は

100〜105円または90〜100円未満です。



 三重県では平成19年度から若者の流出が増えてきて深刻化し

ています



朝日町や高速インターの近くで工場の多い玉城町などは増えて

ますが、多くの地域では流出に歯止めがかかりません。



三重県・伊勢志摩地域の経済見通しとして、一部に弱さも見

られるが緩やかに回復が今後も継続する見通しです。



サミット効果は今年1年の取り組みが重要になります。


4ACBB532-FCBA-4014-B697-286CF75B05C4.jpg

posted by さっとん at 23:35| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。