2017年01月30日

「行間」に込めた含意を読み取れるか  「孤独を貫け」 小林よしのり 清水克衛 著

 2015年中国が南沙諸島で灯台を作り、軍事基地の拠点を拡大していました。
近隣のベトナム、フィリピン、インドシナにとっては脅威以外何物でもありま
せん。
暴走する中国をけん制するため米軍の艦船が航行し、下手をしたら局地戦(存立
危機事態)になるところでした。
小林氏は、米国を支持します。

 一方で米国のアフガン侵攻、イラク戦争には批判しています。
アフガン侵攻においては米国は撤退を断念しなければなりませんでした。

 また集団的自衛権(安保法制)については、存立危機事態において米軍を後方支
援する覚悟が日本にあるのかを説いてます。

アメリカに賛成は右派、反対は左派といった分け方は安直な発想です。
0か1のデジタル思考の間に無数の少数があり、頭を使わない楽な考え方を捨てる
ことが日本人に求められています。


kodoku170130.jpg
(BEITELのアウトラインプロセッサーを活用してみました。)
posted by さっとん at 23:46| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。