2017年01月25日

“恐怖政治”   1テーマ5分で原因と結末がわかる世界史 関 真興(せき しんこう)

「歴史からはたくさんのことを学べるが歴史は繰り返さない」
(国が滅びるということ 佐藤優  竹中平蔵)

啓蒙思想に導かれたフランス革命は、穏健派が中心だったイギリス革命
とは対象に、革命の担い手が急進派へと急激に変化していった。
その頂点に立つのがロベスピエールだった。

ロベスピエールが指導するジャコバン政権は、1793年に男子普通選挙など
を定めた憲法を制定した憲法を制定し、また農民に無償で土地を分配した。

一方でマリ=アントワネットなど反革命と目された人物が次々にギロチンで
処刑された。

土地を得て保守化した農民や中産市民は1794年7月27日、ロベスピエール
を失脚させた。<テルミドールの反動>
(1テーマ5分で原因と結末がわかる世界史P216 恐怖政治)

この後、ジャコバン派による共和政が開始され、ルイ16世や反革命派は
次々に処刑されます。

そしていよいよ、あの英雄ナポレオンが登場します。(^_^)



穏健派と言われるオバマ氏から、アメリカファースト(露骨な国家主義)の
トランプ氏が大統領に就任しました。

規制緩和や減税を実施したものの、環太平洋連携協定(TPP)脱退など、
各国が苦労して築きあげてきたものを放棄しました。

そして今、世界中でトランプ氏に対するデモが起こっています。

はたしてトランプ氏がナポレオン(英雄)になるのでしょうか?
6E36AB48-7B8D-4181-9AC8-B5C2C0DDCD91.jpg

208261FE-951E-45E6-A1B0-9B774195E968.jpg






posted by さっとん at 23:25| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。