2017年01月19日

人手不足

今日は遅番(10時から)でパソコンの申し送りを開けると「勤務表の変更
があるので確認してください」と書かれてました。

職員が腰を痛め重症でダウンしたためです。

若くて仕事もよくできる人なので驚きましたが、かなり無理をしてたに違い
ありません。

僕がこの業界に入って驚いたのは人の出入りが非常に激しいことです。

・給料が安い
・汚い、仕事がきつい

は覚悟してても、

・人間関係がきつい
・人手不足

が想像を絶するほどだった。

悪いイメージが先行してしまいがちですが、休みが多い、残業が一般の
サービス業と比べて少ない、家で仕事をしなくてもよいなどのメリットは
あまり知られてません。

1950年の男性の平均寿命は58歳、女性は61歳でした。
2030年には男が82歳、女性は89歳になるそうです。
(内閣府 平成27年度版高齢社会白書)

介護保険をふるに使って家事はヘルパー、親の面倒はデイサービスや
ショートステイで他人まかせ。
自分の暮らしは親の年金で賄って気ままに生きてる人もいるそうです。
そういった人ほどヘルパーを召し使いのように使ったり、事業所に逆ギレ
してクレームを言ったりするケースが多いとのこと。
(ZAITEN 2015 12月号 「絶望の介護 悪いのは誰だ!」)

人手不足は、利用者にとっても十分なサービスを受けにくく、職員に
とっても一人で何人もの介助をしなければならなくなり腰痛やストレス
で続けられなくなることもあります。

厚労省や政治がもっと介護に本腰を入れてほしいと願うこの頃です。

D0912A35-7F00-40AC-8794-7065D20B2710.jpg
ネコの手も借りたいなり。(^-^)

posted by さっとん at 00:27| Comment(0) | 福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。