2016年06月09日

「コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルよりうまいのか   川島良彰 著」

第1章 コンビニと高級ホテル、コーヒーの価格の差はなぜ生まれるのか

著者は1956年、静岡県のコーヒー卸売業の家に生まれる生まれます。
高校を卒業後エルサルバドルの大学に、留学し、コーヒーの研究を続けます。
最初に、日本とアメリカのコーヒーの変遷についてその歴史をたどります。
日本では1950年コーヒーの輸入が再開されます。(自由化は60年代から)


基本的にコーヒーは、“フルーツ”であると言う認識が一般的に知られてい
ません。
水や温度湿度、生豆の平日に大きく左右されます。

品質の悪い生豆は、どんな焙煎、抽出技術をもってしても、それ以上にはなり
ません。 (P20)

しぶみや苦みの原因は未成熟な豆のためです。
それが原因でコーヒー嫌いになってる人が多いのは残念なことだと述べてます。

著者に言わせると、コンビニのコーヒーは、うまくはないが100円以上の価値が
あると言われてます。

一般にコーヒーは、喫茶店では400円位、高級ホテルであると千円近くの料金に
なります。

食材には非常にこだわるシェフが、コーヒー関しては利益率を上げる商材との捉
え方が長年されてました。
まとめて入れればおいしいコーヒーが提供できるはずがありません。

一杯ずつ淹れるコンビニコーヒーの普及により、一般の人がコーヒーの味に敏感
になってます。
なぜ高級ホテルでは、本当においしいコーヒーを提供することができなかったのか?
その理由は本書を読んでください。
「そういうことだったのか」と思うこと間違いありません。


コーヒー豆は国際商品であり、天候次第により大きく変動するものであり、100円を
維持すると言うのはコンビニ各社においても大変なリスクを伴うことがわかります。

この本を読んでいると、本当においしいコーヒーを飲みに行きたくなります。


posted by さっとん at 14:38| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索