2016年04月30日

「いらっしゃいませ、こんにちは」

昨日と今日が連休であったので作田書店で購入した「コンビニ店長の残酷
日記  三宮貞雄 著」を読んでました。

著者は約6年ほど前、大手企業の早期退職制度を利用してコンビニ店の経営者
に転身します。

現在コンビニでは食料品や日用品だけでなく、宅配便、納税、公共料金、映
画、コンサート等のチケットの販売等、さまざまなサービスを展開していま
す。

すき家などのファーストフード、コンビニ、居酒屋など「人間の本性」が
現れる場です。
著者は「一昔前と現代とでは日本人は明らかに変わってきている。確実にお
かしくなっている」と捉えてます。

売上の悪い店では店長が12時間働くこともめずらしくないそうです。
そのうえ立ち読みをする客、何も買わずにトイレを使う客、内引きするアル
バイト、レジが忙しい時にコピー機やお金の送信方法などを尋ねてくる客など、
現場の苦労は想像以上であることがわかりました。

コンビニの最も重要な仕事は2日先を読む発注作業なのだそうです。

恵方巻きのキャンペーンなどでも自爆(店長や従業員にノルマを与え、未達
成のものを購入してもらう)の店もあるなど、苦労をされてる店が多いとの
ことです。


本部は圧倒的に強い立場であるため、ドンキホーテの売値の方が本部からの
仕入値より安くとも本部を通してしか商品を入荷できません。
本部から月2回ほど派遣されるスーパーバイザーは、「商品をもっと仕入れ
てお客さんに選んでもらえるようにしなさい」とアドバイスをする方もいま
す。

スーパーバイザーは何のリスクもありませんが、売れ残りはすべて店側が
リスクを負うため慎重にならざるを得ません。

日本ではまだ食べられる食品が、年間800万トン捨てられてます。
(世界全体の食料援助の量 400万トン)
異常こそ正常の世界に僕らは生きてるのかもしれません。
FBE7B080-41F5-49AF-BBF1-DF6A36DC8467.jpg



When do you want me to come here again?
posted by さっとん at 19:04| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。