2016年02月22日

虫のいい話

昨晩はブログを書く前に疲れから寝てしまい、午前1時半頃に目が覚めるとチャンピーもいつもと違う行動パターンに戸惑っているようでした。

今日も昼食のおかずを盛る量が少ないことで注意を受けました。( ;  ; )

柔道のように注意ー警告ー負け(リタイア)とならないように注意したいです。

阿児ライブラリで借りた「大人のスピード思考法  中谷 彰宏 著」に一羽の小鳥が1年間に何匹の虫をたべるでしょうか ?
という質問がありました。

日本の学校では「わかりません」と言うと「はい次」とどんどん指名していきます。

「一羽の小鳥が何匹の虫を食べるか」も「一日100匹を日課にしてる小鳥は3万6千500匹」とか「とりいそぎ5万匹」などトンチンカンな答えでもよいからとにかく言ってみることが 大切だと述べられてます。

ちなみにその答えは、12万7千匹です。

小鳥も虫には無視できない存在だと気づかされます。

おあとはイマイチのようで。(・・?)

posted by さっとん at 23:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。