2014年11月13日

たいていのことは20時間で習得できる 忙しい人のための超速スキル獲得術  ジョシュ・カウフマン 著

 著者は1年間で、ヨガ、プログラミング、タッチタイピング、囲碁、
ウクレレ、ウインドサーフィンの技能をかなりのレベルまで高めるこ
とに成功しました。

この本は、初心者が上手にこなせるようになるまでの最短のてほどき
を実践を通じた体験から語っています。

この本を読もうとした目的は、新しいスキルをすばやく身につける最も
効果的な方法が知りたいからです。

 この本は一般の勉強法とは全く違い、学校の学習・評価法は、超速ス
キル獲得法では全く役に立たないとしています。

だいたい一般の大人なら一日で自由にできる時間は、90分〜2時間ぐら
いではないでしょうか?
その短い時間でいかに効果的にスキルをあげていくか。

“たくさん働くより賢く働け”が根本思想にあります。

 秒速で1億稼ぐ男はうさんくさかったですが、超速スキル獲得法は、か
なり誠実で体系的にやり方を説明してくれてます。

[分解] スキルをできるだけ小さな「サブスキル」に分ける
[学習] 個々の「サブスキル」について十分知識を得る
[除去] 練習の邪魔の除去 テレビ、スマホ、アルコールなど
[練習] 重要な「サブスキル」を20時間練習

 最初の段階が少し苦しいのですが、そこを乗り越えればかなりスムーズ
に上達するようになるそうです。

たいていのことは20時間141113.jpg

The first 20 hours -- how to learn anything | Josh Kaufman | TEDxCSU


posted by さっとん at 23:28| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索