2014年10月23日

志摩を元気にする女性たち    (伊勢志摩元気プロジェクト賢島大学 10月教養講座)

本日(10/23)の賢島大学では、4人のパネラーに、自己紹介をか
ねて自分が興味を持っていることや今の活動を始めた動機、活動の
中で感じたことなどを語っていただきました。

志摩マーチングバンド代表の大西 美幸さんは、阿児アリーナを
週2回借りて約30名の子供たちに楽器などの指導をされてます。

ブラスバンドは主に座って演奏しますが、マーチングバンドは、縦
横30mをフォーメンション(体系)を作ってで動いて演奏します。

不登校の子供も参加しており、親御さんから大変喜んでもらってる
そうです。

大西先生は、個人的にジャズが好きなようですが、演奏曲として、
クラッシックやアナと雪の女王などもあります。

イベントも年間20回出演してるのですが、地元でもっと活用して
ほしいとのことです。

問題点として、阿児アリーナの使用料や衣装代、楽器のメンテな
どお金がかかることです。

良いことは、学区の違う子供たちの情報交流の場となることや居
場所の提供、子供たちが自分の好きなものをみつけてくれること
などです。

子育て支援のぷらっと家代表の山本 寿絵さんは、月3回鵜方公
民館でお母さん(お父さんもOK)と子供が参加して、子育ての悩み
や失敗談など好きなことをしゃべって共有する時間を作ってます。

お母さんが孤独に陥ってしまうと、虐待やうつにつながることも
あるため自然体でマイペースな会のようです。

志摩市里海推進室の岩城 祐子さんは、里海キッズ工房で体験
学習より遊び、子供の居場所作りを提供したり、食育などさまざ
まなイベントや企画を提供してくれてます。

子供たちとふれあうことで、それぞれの子供の課題が見えてくる
そうです。
期間や単発の授業でなく、継続的な試みをしていきたいと語られて
ました。

地中海村の大西 晶さんは、女性からの視点を重視されてます。
飾り付けやいろどりがカラフルであることや、皿の置き方などの
気配りや色に気を遣ってます。

また昭和が凝縮されている間崎島(まさきしま)の自然散策を通
しての体験も提供しています。

みなさんよくしゃべられるので、大変活気があり非常に
よかったです。犬

賢島大学 志摩を元気にする女性たち141023.pdf

賢島からの発信130号141023.pdf

志摩地中海村141023.pdf
posted by さっとん at 23:28| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。