2014年09月25日

“志摩の(食)祭りフォーラム”  伊勢志摩元気プロジェクト 9月教養講座  (no.2)

3番目に大王町・波切かつお祭について、波切かつお祭実行委員長の
中村 滋さんに話していただきました。

平成22年5月開催で、今年で5回目になります。
波切の灯台は有名ですが、現在は年間10万人と全盛期の1/3まで落ち込
んでます。
大王町には、わらじ祭、地蔵祭がありますが、各町一つの食の祭として
青年部、漁協、商工会などが連携して生まれました。

祭では、まぼろしのかつおパン(丸仙パン)500個を200円で販売し
ています。

問題点としてチケット販売をしてるのですが、食べるものが売り切れ
てなくなってしまうなど、量を読むことに四苦八苦されてるようです。
この祭を通じて、かつお節の食材など食文化のルーツも知っていただけ
るそうです。


阿児町・あのりふく祭では、安乗岬旅館組合長の浜口 保寿さんでした。
現在、あのりふぐの水揚げは200トン/年間で安定的に取れています。
ふぐの消費量が一番多いのがアメリカというのは意外でした。

平成元年の水揚げは12億円で、地元の旅館は免許を取ってふぐ料理を
提供するようになります。
伊勢神宮、安乗神社にも奉納します。

現在の問題点は、ふぐの漁師が40軒ほどで高齢化も懸念されてました。

また全国的に有名な安乗文楽は、当時の子供たちが都会に出てしまい、集
客は減る一方なので行政の協力も仰ぎたいとこぼされました。

また意見として、食と文化を祭に結びつけるのは危険であり、必要もない
とのことです。
(安乗ふぐと安乗文楽など)


5人目の磯部町・的矢かき祭では、佐藤牡蠣養殖場社長の佐藤文彦さんで
した。
祭のきっかけは、感謝祭からです。
漁協、自治会の一部、佐藤牡蠣養殖場が中心となっており、まだ一般の住民
まで浸透していないようです。

また75歳以上の高齢の方が多く、若い人が少ないことと、駐車場が100台く
らいしか置けないため、お客さんに辛い思いをさせていることなどです。

牡蠣は今30〜40台の若い人の親が好むとのことで、若い方にもっと牡蠣を
食べてほしいとのことです。

志摩の(食)祭フォーラム140925.jpg



志摩の(食)祭フォーラムpart2 140926.pdf


posted by さっとん at 23:20| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。