2014年08月28日

高校生の考える志摩市の未来  志摩市10周年

本日の賢島大学の題目は、「高校生の考える志摩市の未来」で、宇治
山田商業(女)、明野高校(女)、皇學館(男)の平成8年生まれの高校生の
意見を聞きました。

司会は西尾先生、サポートに志摩市役所の職員の方も5人ほど来られてま
した。

志摩市が合併した平成16年は、まだ小学生低学年なので記憶はそれほど
なく「ケーブルテレビで放送されて志摩が大きく変わると言う印象を受け
た」と言う意見などがありました。

職員の方が平成16年はどんな年であったかを説明。
当時は小泉首相、ブッシュ大統領の頃。

・鳥インフルエンザ
・新潟中越地震が発生。
・一万円札の絵柄が新しく変わりました。
・福岡ソフトバンク
・イチロー最高打率
・ヒット曲 平井堅“瞳を閉じて”  オレンジレンジ“花”
・アテネオリンピック 北島康介 金メダル
・流行った映画がラストサムライ


また志摩市の人口は、
平成 7年 6万3千人
平成22年 5万4千人   15年間で約9千人の減少

予想会社の推定によれば
平成27年 5万920人
平成32年 4万7千人
平成37年 4万3千人
これから10年で7920人減少。


高校生たちの意見として、
・この先、志摩市におっても将来あまりおもしろくないかな。
・就職するところがあまりない。 友達もあまり残らない。
・給料が安い。

やはり進路の問題が非常に重くのしかかっていることを感じました。


また高校生たちの要望(こんなのがあったらよいなあ)として
・観光客を増やしてほしい。
・大手企業との連携
・都会でできない体験の演出
・鳥羽市は子供への手当が充実しているので志摩市もそうしてほしい。
・日本で一番のものを作る。
・ブランドの店が来てほしい。
・福井県のさばえ市のjk(女子高)化で、市役所の職員と祭りの企画や
携帯アプリの開発など行っている。
中高生が発言できる場を作ってほしい。

・留学をしてきた女学生から志摩市の姉妹都市を作ってほしい。


志摩市では、都会の方が志摩市で働けるASK(あぜな・志島・越賀)で
現在13名の方が漁師、さつまいもの栽培などの仕事をされてます。

志摩市の働く場所を作るのは大人たちの責任です。
若い人が流出していかない工夫が最も必要なことだと痛感しました。

賢島からの発信
賢島からの発信140828.pdf

高校生の考える志摩市 資料
志摩市 高校生 資料.pdf


posted by さっとん at 23:01| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索