2014年02月24日

ゴミ問題は難しい。

 どこの地域でも問題になっている「ごみ問題」で、“奥志摩タイムズ”に
よると、鳥羽市と広域連合による可燃ゴミ焼却場「やまだエコセンター」が
4月から稼動を始めるのですが、ゴミ3200トンの処理を伊賀市の民間業者に
委託することでもめているとのこと。

志摩市合併以前から進められてきたゴミ処理一元化のため、志摩町の志摩清
掃センターが稼動停止になることの撤回要求が出ているとの記事。

新しい処理場(やまだエコセンター)ができたことで、各地区の処分場は
閉鎖になります。

 ゴミの基礎知識として、「ゴミ」は、『産業廃棄物』と『一般廃棄物』に
分けられます。
『一般廃棄物』は、「家庭用廃棄物」と「事業系廃棄物」に分けられます。
 
「事業系廃棄物」の処理は、“廃棄法11条”で“事業者はその廃棄物を自ら処
理しなければならない”と法律で定められています。

大口市長のフェイスブックで調べてみると、志摩町4800軒のうち平日持ち込
み1%未満、盆正月前後で7%であり、志摩清掃センターを稼動させるとなる
と、1億2千万円/年間かかるのだそうです。
「家庭用廃棄物」に関しては、志摩清掃センターが稼働しなくてもきちんと
行政が処理をしてくれるので心配無用とのことです。


 まだまだ市民のゴミ分別は十分とはいいがたいところですが、「できると
ころから一歩ずつ」西川きよし師匠の言葉をかみしめて、ごみ問題にも関心
を持つことも市民の責務です。
高度成長時代の時のような無関心、人任せにしてては、立ち行かなくなって
いることに市民もそろそろ気づかなければなりません。犬

posted by さっとん at 17:06| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。