2014年01月26日

ネコとはどうゆう動物か?

 おかげさまで、チャンピー(3才と半年)も人間で言うと酸いも甘い
も知り抜いた三十路ネコとなりました。

学習意欲の高いチャンピーは、「朝僕がどうしたら起きるか」「えさ
の催促の効果的な仕方」「自分の思い通りに動かす鳴き方」「膝の上
に乗るタイミング」「暖かい場所」など、成功体験を積み重ねてとて
も賢くなってきました。

 ところが飼い主の僕が成長に追いつかず、最近ではスーパーの売っ
ているおもちゃで満足しなくなってきました。

基本的にネコは犬のように飼い主のためにとは、これっぽっちも考え
てません。
今を心地よく、楽しく過ごせればよしという人間のように老後のお金
の不安など皆無のように見えます。

 今日は阿児ライブラリーで、「知ってるつもりのネコの気持ち」「
ネコのための手作りグッズ100」を借りてきました。

 ネコとはどういう動物か?
・基本的に人間を好き
・暖かい場所(陽だまり、膝の上)が好き
・権利意識が高い(エサを用意したり、トイレの掃除は人間がやれ)

 人間でもわがままで愛される人がいますが、ネコはとても真面目で
笑うことはなく、瞳や毛並み、しなやかな体をくねらせ、悩ましい声で
泣いて表現してきます。

"ゴロゴロ"は、リラックスして心地よい状態です。
またネコは人間の言葉がわかります。

「めしか?」「留守番を頼んだぞ」で態度が変わります。
思慮深く、寂しい顔をしたり、人間を受け入れる心の広さなど、学ぶべ
きところはたくさんあります。
ネコはあなたを待ってます?猫

猫の気持ち140126.jpg
posted by さっとん at 21:52| Comment(0) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。