2013年11月28日

1分で大切なことを伝える技術  齋藤 孝 著  PHP

 著者は明治大学の文学部の教授で、テレビ、書籍などもたくさん出てい
ます。

 なぜ1分間なのか?

感覚的に、はじめと終わりが比較的見やすい長さだからです。

 よく商工会やアリーナで説明会などに行くと、年配の方が手をあげて発表者
に対して質問をしますが、あいさつから始まって自分の所属や役職などのプロ
フィール、「本日はお忙しいところ」といった慣用句が入っていつ質問になる
のかといらいらさせられることがよくあります。

これは「簡潔にまとめて話す」というトレーニングができてないからです。

 また答える方も、まず結論から話してくれると聞いてて理解が進むのですが、
そういった機会に遭遇することもまれです。

基本的に福沢諭吉の時代までスピーチという概念が日本にはまったくなかった
そうです。

飲み会のような家族的な文脈の中での情緒的な共感がコミュニケーションの中
心でした。
ところが今は、短い時間で意味のある話をしないと評価されにくくなってます。

 技術的なチェックポイントとして
・具体例がったか
・わかりやすいか
・簡潔か
・キーコンセプトは入れたか
・デメリットを含めたか
・1分以内に説明したか

をあげています。

1分で大切なことを伝える技術  齋藤 孝 著  PHP

1pundetaisetsu.jpg

posted by さっとん at 17:19| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。