2013年09月26日

ノートの取り方を三本線にしてみた。

 僕はどうもノート、メモの活用がいまいち上手でないように思い、アマゾンで
ノートの取り方の本を何冊か購入してみました。

・三本線ノート    橋本 和彦
・一本線ノート    吉澤 ゆか
・法律学習ノート   木山 泰嗣

 仕事、コミュニケーション、恋愛、企画、スケジュール、時間管理などを
一定のフォーマットで書いていきたいと思っていたからです。
正しいフォームを身につけることの必要性を痛感しています。

 文岡中学時代に「学習のてびき」の中でノートの書き方や勉強の仕方など
がこと細かく書かれてました。
当時の先生たちが忙しい中、知恵を絞って書かれたのがわかります。
そして、それに応えられなかった自分をふがいなく感じてます。

子供時代のノートの取り方は、大人になって仕事の処理の仕方に大きく影響す
るそうです。

 そして今、ノート関係の書籍を読んでいると、中学時代の「学習のてびき」
と同じような内容が書かれてます。
普段さりげなく書いているノートの取り方について再考されてみてはいかがで
しょう?

ノート.jpg
(三本線ノートで書くようにしている)

posted by さっとん at 17:35| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。