2012年09月28日

味福(みふく)で「バタ貝づくし定食」を食べる。

菓子メーカーの営業で大阪営業所に赴任した時に先輩から「ナカジ
マ、おまえんとこの在所の隣は“渡鹿野”やないか!」と一躍脚光を
浴びました。

「志摩は、さしみやバタ貝などがおいしいです」とアピールをする
と、「バタ貝ってなんや?」と上司から怪訝(けげん)な顔をされまし
た。

その時は、“ひおうぎ貝”という別称を知らなかったので「ホタテによ
く似た貝です」と説明。

バタ貝は、全国共通とばかり思っていた自分の世間の狭さを知った瞬間
でした。

バタ貝とはひおうきがいの別称です。
とてもカラフルな貝殻の中にホタテ貝に似た身が入ってます。

ホタテ貝よりも味が濃厚で、ビールなどのアルコールによくあいます。
漁業関係者の中では古くからたべられていましたが、これまで一般市場
には出回らないものでした。

「味福(みふく)」では、この知られざるバタ貝を食材にしたメニューが
そろってます。
また、てこね寿司もあるので手頃に志摩の漁師のごちそうが食べれます。

“志摩のバタ貝が食べたい”と言えば、「この人は通の人かもしれん」
と一目置かれます。

是非一度、志摩地物のバタ貝を召し上がってみてください。

mifuku.jpg
「バタ貝づくし定食」950円  バタ貝チャーハン、バタ貝旨煮、バタ貝
フライ、サラダ

posted by さっとん at 17:26| Comment(0) | 志摩地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。