2012年03月09日

ああ勘違い(錯誤)三重県志摩市、中嶋聡の作品

 一昨日ジムに行き、志摩ロードパーティーの坂道に対応したトレーニングを始めまし
た。


 電子部品会社に勤めている30代後半のY君に「円が少し82円近くになってきて少し楽
になったか?」と尋ねると、最低採算ライン(90円)をはるかに超えた現状を嘆いてました。

「ナカジマさんとは会話が成立しますけど、うちの会社にも今の若いのは会話不成立、話
できん奴がいるんですわ。これほとんどネットや携帯のせいやと僕は思ってます」

調べ物をさせてもグーグルで同じような回答ばかりで、「ネットから離れよ!」と
嫌われるのを覚悟で部下に忠告していると 朝早くから出勤するためか少し眠そうな顔
で話してました。

 確かにネットは時間と目的を決めてやらないと莫大な時間の浪費になりかねません。

僕自身フェイスブックの誘いも受けてますが、どれだけ気のあう人でも毎日会ってると
ネットでも鬱陶しく感じるのと、このブログ以外にネットで時間を取られるため敬遠し
ております。

http://www.dreamarts.co.jp/solution/book.html
(IT断食)


 
 最近は民法の錯誤(さくご 勘違い)の復習をしてます。


 相手の男性が金持ちだと間違えて、それを動機としてその動機が示されて、結婚した
場合に、「私はあなたが資産家だと信じて結婚したけど、私の勘違いでそうじゃなかっ
たのでこの結婚は無効です」と主張することができるか?



 基本的に人違いは、当事者に結婚する意思がない場合、その結婚は無効です。
性格、職業、資産、年収など相手の「属性」に関する勘違いは、無効を主張することは
できません。



(さっとんの天才秀才バカ)

天才:僕は志摩スペイン村ロードパーティーのハーフに出ます。

秀才:僕はハーフは初めてです。楽しんできます。

バカ:僕もニューハーフさんと お話したり楽しい大人の世界を満喫してきます。


posted by さっとん at 08:16| Comment(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索