2011年10月31日

貝リンガル  郷 譲治 氏(ミキモト真珠研究所)

 朝9時半に池田ファミリークリニックに検診に行きました。

血圧は110台で「非常によいです」とのことでした。

帰りにローソン阿児鵜方店で、「タニタ食堂の100カロリーデザート」ほくほくかぼちゃ
プリン等を買いました。

かぼちゃプリンということで一癖あるのかと思いきや、シナモンを効かせてかぼちゃの
ケーキのような甘味もうまく引き出せてます。

牛乳プリンのようにどろっと感はないですが、くどい甘さでなく、さらっとした大人の
プリンと言った感じです。



 10月23日に代々木高校で「真珠業界における現況と展望」の講演会があり、ミキモト
真珠研究所の郷 譲治 氏の“貝リンガルを用いたペテロカプサ赤潮対策”も興味深い
話しでした。



 英虞湾では1992年に初めてヘテロカプサの赤潮が発生し、大きな被害をもたらした。

その後、毎年のように発生し、近年では2004年に大規模な赤潮を形成した。

英虞湾では本年度も赤潮が発生し、一部では養殖中のアコヤガイの被害も報告されて
いる。

一方、ヘテロカプサ赤潮対応に関しては、貝リンガルによる対処法が有効であることを
既に報告している。

(“貝リンガルを用いたペテロカプサ赤潮対策”のレジュメより抜粋)


 貝リンガルに入っている貝が、赤潮などが発生すると貝が呼吸をするのが苦しくなる
ので、貝殻をあけて何度も呼吸するようになります。

貝リンガルとパソコンが無線LANのように連携していて、そのデータがすぐにわかるよ
うなシステムになっているそうです。

データからの判断で貝を少し上に上げたり、違う場所に移動させて赤潮に対処させて
いるという話が、自然相手の仕事の大変さを思い知らされ印象に残りました。

 アコヤガイの真珠養殖における真珠の品質は、採取される10%が高品質真珠、残り
の90%は低品質・無価値なものなのだそうです。

里海里山により、真珠によい環境を取り戻すことが志摩の経済を活性化させるために
いかに大切かを再認識する必要があると思います。


111031_111959.jpg





posted by さっとん at 20:21| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。