2011年07月29日

肩書きを気にしすぎると肩たたきに遭う?

 火曜日に味福でラーメンを食べた後に、作田書店で「40歳からの捨てる
人脈術 中山マコト 著」の本を立ち読みしてたら非常におもしろかったので購
入しました。


 どうも最近僕の年代の人間は「肩書き」を気にする人が多いように思います。

だいたい平の人は名刺を渡すことを躊躇(ちゅうちょ)されます。

名刺には会社名、住所、電話番号、メールアドレスが書かれてるのが一般的ですが、
それはただの記号であり、これだけで相手はどんな人かはほとんどわかりません。
(位置名刺では相手は動かない)

「自分がどんなことに興味があり、どういうふうに仕事に取組み、どういった人を求
めているのか?」を30秒で自己紹介できなければいけないとのこと。

 お見合いで相手の年収や肩書き、身長ばかり気にしていると、いい人は他に取られ
てしまうのです。(なんのこっちゃ)

 今はソーシャルメディアの時代であり、過去のメディア(活字媒体、テレビなど)し
か知らない会社や個人は確実に忘れ去られます。

現実にツイッター、フェイスブックで集客して、ホームページで刈り取る方法を取ら
れてる方もいらっしゃいます。

過去に誰も見たことのない営業モデル、販売モデル、集客モデルを次々に構築して
売上を伸ばされてます。

 過去の栄光や現在の不安定な地位に安住してたら未来は明るくないのかもしれま
せん。

 (40歳からの捨てる人脈術 中山マコト 著  参照)
posted by さっとん at 19:42| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。