2011年03月07日

王将のこってりラーメン

 今日は朝方雨が降り、ごみを出せませんでした。
いまは曇り空でストーブをつけないと寒いぐらいです。


 昨日の日曜日は津方面に行ってました。

その帰りに寄った伊勢の王将で、こってり定食を頼みました。
以前たまたまこってりラーメンを食べた時に、僕が大阪にいたときに衝撃を受けた
天下一品ラーメンの味に少し似ていたからです。

サラリーマンの頃にさかいさんから「ナカジマ、うまいラーメン屋連れてったるわ」と
いうことで天下一品瓢箪山(ひょうたんやま)店に入りました。

コーンポタージュのようなスープに麺がからみつき、「なんだこれは?」とそれまでの
ラーメンという僕の固定概念を打ち破りました。

このラーメンではそのまま食べるよりも、テーブル備え付けのニラとからしみそ(でき
ればニンニク)を小さじ1杯ずつ入れて食べるのが通の食べ方です。


また、このラーメンは賛否両論があり、ツヨポンのような「このラーメンをおいしい
という人間を理解できない」という否定派と毎週土曜日に通っていた僕のような熱烈
支持派に二分されます。

 王将が天下一品を意識したのか、潰しにかかっているのかはわかりませんが、ラーメ
ン界の仁義なき戦いを思わずにいられませんでした。


110306_123109.jpg
(王将 こってり定食)


  「餃子の王将 新人研修」
  天下一品ラーメン
posted by さっとん at 12:55| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。