2010年11月17日

便利なものは設定が大変なのだ。

 昨晩はチャンピーとおにごっこ&かくれんぼをしていたら階段を踏み外し、ころげおちてしまい手の甲に小さな傷と足の親指を少しつき指してしまいました。



 今年の自分へのほうびとしてアップル社のipod touch(8G)を購入しました。

目的としては音楽はもちろん、2009年05月03日の日記「頭の使い方が問題なんだ」今泉浩晃 著のマンダラのソフトを使ってみたかったのもあります。

届いたipod touchの薄さと説明書がないに等しいのに驚きました。

 しかし、すぐにインターネットが使えるかというとそうもいかずWi-Fi設定をしないといけません。

「iPod touch つながらない Wi-Fi」で検索すると62,900件もヒットするところをみると、ここで大変な目にあっている方が大勢いるようですが、そのような記事はまず目にすることもありません。

Wi-Fi設定の画面で無線LANのパスワード(暗号鍵)を求められるのですが、バッファローの“簡単設定”をしている関係でわからないのでどうすればよいのかネットで調べてみました。

 一応パスワードの入力までこぎつけたのですが、そこでまた難問にぶつかります。

文字列が長いことと大文字、小文字、数字と入れる必要があり、画面のタッチキーボードが小さく打つと黒丸に変わるので間違っているか確認できません。

そのおかげで入力だけで30分以上もかかってしまいました。

これほど設定が大変とは期待をして購入した多くの人は夢にも思わないことでしょう。

便利なものほどいろいろ大変なのだということをまたしても思い知らされました。

 その後、APPストアでiマンダラート(1500円)を購入。

すこしずつ慣れていけるようにと思ってます。




iPhone 3G、iPod touchの無線接続方法(バッファロー 無線親機) 

 
posted by さっとん at 17:19| Comment(0) | パソコン・WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索