2010年08月11日

衣服の耐用年数

★衣服の耐用年数



 シャツ  2年 
 ズボン  2〜3年 
 夏物スーツ3年 
 冬物スーツ4年 
 綿セーター2年 
 ブラウス 2年   



現在はモノがあふれていて「大事にする」という気持ちが希薄になりがちですが、衣服に関しては“処分”して新しい服を買った方が懸命な時代になってるように思います。


金はなくても新しいシャツは買った方が精神的にもいいです。

いいものは自分で洗わずクリーニングに出してください。  


 また衣服を購入する際にクリーニングや洗濯が手間のかかるもの(例毛皮、輸入品など)かも確認した方がよいです。

デザインだけで決めてはいけません。  

これだけ情報化と言われてるのに、クリーニングを預けっぱなしにしている人が減らないのには閉口します。

ビニール袋は配送中に服がよごれないためのもので、できるだけ早く取った方がいいです。

梅雨の時期だと通気の悪さからカビ、変色などの原因にもなりかねません。


 自分の服は自分を表現する分身です。

それを大事にできずに気の利いた仕事は無理というのがモノの道理です。

人は些細なところでその人を評価しているのだという事実を忘れずに毎日を明るく過ごしていきたいものです。

posted by さっとん at 22:36| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索