2010年05月22日

チュモン81話まで見る。

 初夏の日射しと少し湿気のある風を感じました。

 注文していたカーナビがようやく届きました。

フォンファ・ジャパンのPNDA7041というのを注文したのですが、ウマゾンというちょっと胡散臭いようなサイトだったので友人から「大丈夫なんか?」と心配されてました。

価格comで見るとソニーやゴリラなど人気があるようですが、表示が大きい方が絶対によいというアドバイスを忠実に守り、7.0インチ液晶にしました。


 さて、チュモンは81話まで見ても誰もほめてもらえるわけではないのですが、洗脳というのはこういった状態なのかと客観的に自分が依存症のような状態に陥ったことがわかりました。

オープニング曲が流れると自然と体が反応してしまうぐらいドラマが見たくて見たくてしょうがない状態になります。

チュモンでエネルギーをかなり消費したので、しばらくドラマはお休みしたいと思ってます。



<最近聴いてる歌コーナー>

 20歳位の時に名古屋伏見の映画館のシネマ倶楽部の会員に入ってたのでよく映画を見ました。

日本ではまったく当たらなかったのですが、僕自身はミスターアーサーという映画がとても記憶に残ってます。

クリストファークロスの「ニューヨークシティー・セレナーデ」がテーマ曲で有名ですが、映画はレンタル店でも見たことがありません。


 財閥の大富豪の放蕩息子のアーサー(ダドリー・ムーア)が、父親が決めた女性と結婚しないと財産を相続させないと言われてました。

よっぱらって街中で商売女に声をかけますが、心は空虚です。

 そんな時に女優志望のリンダ(ライザ・ミネリ)が失業中の父親のためにネクタイを万引きをしている所に遭遇し、それが縁で二人は惹かれあっていきます。

深い感動がある話ではありませんが、アメリカ映画にしてはセリフがしゃれているなあとぼんやり見てました。

アーサーを取り巻く人々も温っかくて、ハッピーエンドのとても後味のよい映画でした。

 Arthur - part 1
 http://www.youtube.com/watch?v=7DT1Myw0XXE&feature=related
posted by さっとん at 22:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。