2010年04月29日

私の中のあなた

 白血病に侵された2歳のケイトの命を救うためにドナーとして生まれたアナが、11歳の時に両親を訴えます。

ガンという病気の恐ろしさをリアルに描いているように思いました。(血などが苦手な方には向いてないかも)


 最初は、アナがいろいろな検査や手術がいやになったためかと思いましたが、もっとシンプルな理由でした。

「どの視点から考えるか」を再考させてくれます。


 http://watashino.gaga.ne.jp/
   (私の中のあなた)


posted by さっとん at 16:46| Comment(0) | 映画(ドラマなど) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。