2010年02月26日

JAL入社試験

問題1 「長女が高校を卒業した時に離婚すること」をあらかじめ約した夫婦が、その際に夫の財産分与として妻に譲渡を約束したときに、この建物にかかる所有権移転登記請求権保全の仮登記の申請は認められるか?

問題2  “Marriage for life”を訳しなさい。



(JAL再建)

解答

1.現在の日本の民法の解釈として、婚姻に期限を設けることは社会的妥当性を欠き許されません。

2.「終生の結婚」→「終生にわたり続くことを前提とする結婚」

“生活のための結婚”と訳した人は、英語力はまだまだです。

 (不動産登記法入門 山野目章夫 著 日本経済新聞社)参照
posted by さっとん at 12:33| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。