2009年11月30日

見直そう子供の食生活と健康づくり  生活習慣病はこうしてつくられる

 昨日は志摩庁舎4階会議室にて、午後2時より三重大学、志摩市主催の『文化フォーラム2009』が開催されました。

文化フォーラムは2005年から年3回ずつ開催されていて、今回のテーマは、「見直そう子供の食生活と健康づくり 生活習慣病はこうしてつくられる」でした。

 司会は志摩市健康推進課の高木静さん、講師として三重大学医学部付属病院栄養管理室室長の岩田加壽子先生、三重大学教育学部教授の富樫健二先生でした。

 肥満は心筋梗塞や脳卒中、動脈硬化の危険度が30倍以上にはねあがるとのことで、メタボリックシンドロームが生活習慣病のもとになっているのは周知の事実になっています。

20、30年前と比べて子供たちのメタボの割合が急増しているそうです。

このまま生活習慣病予備軍が増加していくと個人も国家も大変なことになってしまいます。


 メタボになるとどうしても動きが緩慢になり、動かなくなるのでよけいに肥えて、遠慮のない子供間ではイジメの対象になりやすく、メンタル面でも大きな影響を受けます。

“人は12歳ぐらいまでに食べていたものを一生食べていく”ようです。

確かに個人的に、おにぎりせんべいやベビースター、かっぱえびせんなど今でも買ってますが、新しい菓子は一度は買っても継続して購入することはないです。

 子供の時の味覚というのはとってもとっても大切なことなのです。


 メタボ対策として、朝ごはん、薄味、脂肪控えめ、ゆっくりかむ、腹八分目、野菜たっぷりなど当たり前のことですが、もう一度見直すことも必要だと思いました。


posted by さっとん at 18:54| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。