2009年10月30日

記憶力の減退は年齢ではない

 ガス代を集金に来たおじいさんが、「今日は暑いくらいですわ。1日からものすごく寒くなるようです」と言われてました。

コンビニやスーパー、病院など人の多い所に行くとマスクをされている方が増えてきました。

マスクをすると息がめがねにあたって曇るのでつけてなかったのですが、来る人来る人マスクをしているとやっぱり万全を期した方がよいかなと思います。

 今日はひがさんが来てくれて、「前のもうっちょっと置いといていいか?」と言われたので、「ハイ」と答えました。ブティックふらふら



 年齢を重ねると記憶力が落ちるのは定説となってますが、

20代以降は、記憶力の低下が始まるが、20歳代と 50歳代の記憶力の能力の差は、5%から10%位の違いだけである。
(但し、意欲は年齢が上になるほど確実に落ちていく
だから、30歳又は40歳で受験しようとしている場合、「試験に中々合格しないのは年のせいだ」と理由付ける
のは間違いである。
40歳で合格しないのであれば20歳に戻ってもやはり合格しないのである。
合格するには、合格するような憶え方をしなければ ならないということ。
              (oboebonより)

とのことのようです。

一つのことを完成させるにはモチベーションを維持させて長期間、一定時間集中しなければなりません。
「意欲」を維持する方法として「お経」が心をおだやかにしてくれるようです。

「お経」を聞いていると時間を本当に大事に使わなくてはいけないと思えてきます。


posted by さっとん at 17:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。