2009年10月24日

ぼやき

 明日10月25日は志摩市議会議員選挙の投票日です。

誰を入れようか迷われている方が大勢いらっしゃると思います。

そこで判断材料として選挙管理委員会から発行されている「選挙公報」があります。

 信じられないのは、「選挙公報」に立候補者の出身地、生年月日、経歴も書いてない候補者がいることです。

どこの誰かも、何をしていたかもわからない人に普通の感覚の市民が投票するでしょうか?

政策は一つか二つでいいです。

今までどうゆう活動をしてきたかを具体的に知り投票したいのに、紙面の都合か候補者を選ぶ判断材料としてはお粗末だと思います。
posted by さっとん at 15:19| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。