2009年05月31日

日記の魔力 表三郎 著 サンマーク出版☆☆☆☆☆

 このブログの下にblogramという僕のブログを成分解析してくれるサイトがあります。

自分の考えていることや傾向、バイオリズムなどがわかります。

 
 忙しいときほど日記をつけないさい!

松阪の最年少市長である山中光茂さんの「幸せ発見日記」にはとても感心させられます。

激務の中、時間を確保して今日一日の行動、出来事をうまくまとめてます。

大事なのは続けること。

 僕は市長などの公の人ではないので、

「朝、7時に起きた」
「農協にきれいな女の子がいた」
「水戸黄門でまたエロビデオ5本借りた」犬

行動を素直に書けばいいそうです。

駿河台予備校の名物講師である著者が日記を強く勧めるのは、忙しい時間を削ってでも日記を書かないと「自分が消えていく」ように感じたからだそうです。


 人間の一生は、問いのレベルで決まるので、その問いを忘れないように日記に書くことで、客観的に自分を見つめなおせて、自己管理もしっかりできるようになってきたそうです。


 よく自分が頭がいいとか経験が豊富と勘違いしている人に、相手を否定したがる方が多いように思います。

否定から新たなものが生れて発展することはありえません。


 どんな人も劇的な人生を生きています。

おもしろくない人生を生きている人はいないのです。

それを証明するのは、日記を書き続けてみることだと訴えています。

 この本は多くの人に読んでもらいたいなと思い☆5つにしました。


posted by さっとん at 15:34| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。