2009年04月26日

志摩ギターを楽しむ会に行く

 昨日、阿児アリーナでの「志摩ギターを楽しむ会」に行ってきました。

若い人から年配者まで約60人ぐらいの人たちが集まりました。

 トップバッターは、地元出身の小林恵子さん。
冬のソナタから「あなただけが」を披露してくれました。

この曲は僕も練習してましたが、マイルドでソフトな音色がとても心を打ちました。

 明和町からは、吉川伸幸さんの「コユンババ」という少し長めの曲でしたが、眠気をさそうほどのここちよさでした。

 広垣進さんは、この地域のギター弾きなら知らない人はいないぐらい有名な方で、「もののけ姫」「スペイン組曲」他、音楽にまつわるエピソードもまじえながらすばらしい演奏でした。

 津でお医者さんをされてる井本一郎さんのトークは絶品で、「志摩病院の赤字経営」や「どうして医者がやめてしまうのか」という時事問題まで話をしてくれました。

練習不足と言いながら「アルハンブラ宮殿の想い出」を19世紀ギターでの演奏も味がありました。

 こんな5万何千人の小さな町でもこんなに楽しいコンサートが開けるのだと、裏方で尽力された人たちにも「ありがとう」という気持ちになりました。

 「私の音楽日記帳」
   http://www.amigo.ne.jp/~hiro7167/
posted by さっとん at 09:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。