2021年02月01日

山口百恵の伝説のコンサート

 昨日(30日)の午後3時半頃から『伝説のコンサート“山口百恵 1980.10.5 日本武道館”』が放送されてました。この時間帯は、おやつが一段落し、利用者様とラジオ体操2回します。その後の目薬、クスリのチェック。その後、利用者様の生活状況や行動面などについて「ケース記録」をパソコンに打ち込みます。(約8名ぐらい)

80代のおばあさんが、「こんなの何もおもしろないわ、違うのに変えて」と言われました。そこに同年代の女性職員が「百恵ちゃん、やっぱり最高やなあ」と懐かしそうに見てると“プレイバックpart2”の「バカにしないでよ♪」が聞こえ、おばあさんもこの曲は知っているのか画面の方を向かれました。

後半になると「ひと夏の経験」「いい日旅立ち」などスタンダードな歌になり、百恵さんは世代を超えて受け入れられる希な歌手であることに気づかれました。
百恵さんは、今はやりのNiziU(ニジュー)などのように次々と女の子が変わり、カメラにウィンクしたり、笑顔を振りまいたりすることもありません。一人でまったく媚びるところがないのに引き寄せの法則のように吸い込まれてしまうのです。
僕の音楽脳は70〜80年代が主流で、そのあと90年代からは“失われた30年”で本当に歌える曲が減っていきます。

 仕事から帰り、YouTubeでパソコンの先生が好きなブルーグラスを聴いてるとほっとする今日の頃です。(^_^)

guitar-3253219_1280.png
Luc MahlerによるPixabayからの画像


posted by さっとん at 00:35| 三重 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索