2021年01月19日

せん妄の利用者様

 昨日は遅番で朝9時30分に出勤すると、夜勤者の方が疲れ切った顔でロッカールームに入ってきました。睡眠薬が効かず一晩中独語で動き回るおばあさんの対応に苦慮したようです。その利用者様は、認知症、統合失調症などに見られる“せん妄”があります。一般の方には聞き慣れない言葉ですが、精神機能の障害を指します。主な症状として、「思考低下」「見当識障害」「幻覚」「妄想」「支離滅裂な行動・言動」がみられます。

 せん妄の有効なクスリとしてリスペリドンがあります。
夜中に動き回る活動型せん妄の利用者様に有効です。
高齢者の方は眠りが浅くなりがちで、起床時間も不規則な方が多いです。
眠れてない利用者様には睡眠薬(ベンソンジアセピン系など)を服用しますが、せん妄の患者さんの場合は、せん妄を悪化させる恐れもあります。

  僕の施設(特養)では1フロア30名おられ、夜勤の介護士が大変な理由の一つとなってます。


https://www.youtube.com/watch?v=Il4Mx01nhNI
【前編】せん妄とリスペリドンについて知ろう!【眠れぬ夜勤の頼れる味方】参照




bottles-309391_1280.png
Clker-Free-Vector-ImagesによるPixabayからの画像
posted by さっとん at 17:55| 三重 ☀| Comment(2) | 福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

できるだけ24時間スマートノートを持ち歩く

 ノートを書いていくメリットの一つとして、「書くだけで心が楽になる」効果が期待できます。僕はかって「3本線ノート術」「1本線ノート術」「すごろくノート」「コクヨのノート」「方眼ノート」「A3ノート」「スマートノート」などいろいろ試してきました。


現在、A3方眼ノートによるスマートノートでこのブログのネタを書いております。デジタルの時代で若い人は、iPadの手書きを推奨されるYouTubeも見られ僕もよく見ています。

確かに携帯性、検索力、学習の効率性など驚きべきものがあります。



【完全保存版】1から解説!試験に勝ち抜いてきたiPad勉強法のすべて【初心者から上級者まで】


介護の仕事から家に帰るとぐったりしてしまい、テレビをぼーっと見てるのが精一杯で勉強どころではありません。このブログは世間で言うところの底辺労働者でも人と違う論理体系、おもしろいと言われるブログを書いていけるかの臨床実験の場です。ブログというサプリメントがさっとんにどのように作用するかを検証するのが目的です。


「どうする、どうする、どうする」「なぜ、なぜ、なぜ」と各3回ずつ考えることで論理が深まっていくそうです。

正しい論理を発信しても面白くありません。独自の視点を野菜やくだものなどの果実を生産できるように肥沃な土壌をスマートノートで耕していきます。


利己的な遺伝子(リチャード・ドーキンス著)』では、“生物は遺伝子の乗り物にすぎない”と説いてます。遺伝子中心の視点で自然淘汰や生物進化を理解することが必要です。


『利己的なさっとん』では、長年進化できず、世間から淘汰されてきた“さっとんがスマートノートの乗り物にすぎない”ことを証明していきます。

tablet-1075790_1920.jpg
Niek VerlaanによるPixabayからの画像
posted by さっとん at 12:52| 三重 ☀| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索