2017年04月01日

まる2年。(-_-;)

2年前の4月1日から介護職につきました。
職場に行くと自分のIDとパスワードがあり、それを入力して「事務連絡」と利用者様の「申し送り」をチェックします。
僕の施設では、入居者の方が70人ほどいるので始業時間より30分ほど前に行かないと不安なまま業務を始めなければならなくなります。

昨日認知症の利用者の方から僕に「もう殺してくれませんか」と訴えがありました。
そのおばあさんは80代でとても明るい方ですが、足が悪く、リクライニング(車いす)で一日を過ごされます。
「生きとるのもういいです」と話されるので、「あと30分すると昼ご飯で、今日は鰆(さわら)でめちゃうまですよ。鰆は柔らかくてあっさりと上品やから一度食べてみてください」と答えました。

しかし、「わたしはもう生きていたないの」と言われたため10分ほどその場から離れました。
「いいなずけのもんですが、元気にしてましたか」と再度話しかけると「どちらさんだったでしょうか?」とおばあさんが困ったような顔をされたので、おれおれ詐欺のように「いいなずけのさっとんです」とジャスチャーをまじえて話すと「すみません、忘れてしまってほんとごめんね」と笑顔が見え元気が戻ってきました。

うそも方便。
それ以降は今のところ「殺してくれませんか」とは言われてません。

認知症、難病、胃ろうの方と入ってこられる方々は大きな問題を抱えてますが、自分の状況を正しく伝えられない方たちの声に間違いなく対応する必要があるため経験と学習が不可欠です。

僕自身にも老化がしのびよってきているのか、仕事から家に戻るとウルトラマンがゼットンに倒されたような状態になることが増えてきました。
宇宙人が次から次と現れるのに圧倒され気味ですが、一日500回“ありがとうございます”と言うと状況は変わるという言葉を信じて仕事を続けている次第です。

posted by さっとん at 00:21| Comment(0) | 福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。