2017年03月20日

せんべい・あられのコメが足りない。

 せんべいやあられに使われる原料米(くず米)の価格が高騰しており、米菓メーカーは外国産の採用を進めるなどの対応に追われてるそうです。

くず米とは、粒が小さかったり、割れたりして主食用に向かない米のことを言います。

味噌、焼酎、低価格の日本酒の原料にもなります。

 僕は1995年まで某米菓メーカーの営業職で大阪に住んでました。
当時はまだパソコンも携帯も普及してなかったので、ポケベルでした。
ポケベルが鳴ると公衆電話で事務所に連絡を入れます。
事務員が「問屋のセールスに連絡を入れてください」と用件を言われることが多かったです。
ほとんどがスーパーの新店応援か棚卸しで、うまく断るのもセールスの大事な仕事と言われてました。

 93年に記録的な冷夏による米不足でタイ米が流通しましたが、多くの日本人には不評でした。
今回の米不足は、主食用の米の作柄がよかったためくず米に回る分が減少したためです。
くず米の卸価格は2倍にはねあがり、資金力のない中小の米菓メーカーはまともな競争ができず状況は深刻なようです。

スーパーに行ったらせんべいかあられを買うように心がけたいものです。

<日経新聞170316 米菓用コメ 足りない   参照>

senbei170327.jpg
posted by さっとん at 23:10| Comment(0) | 新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。