2016年06月08日

2.ジャズ誕生への道のり ジャズの歴史  相倉久人 著

「ジャズ」はアメリカ南部ニューオリオンズの黒人たちの手で形を整えていきました。
そのきっかけを作ったのは、ヨーロッパから移民したアメリカ人とアフリカから奴隷とし
て連れてこられた黒人との融合によるところが大きいのです。

プランテーションの農場の労働力としてきつい仕事をさせられていた黒人たち。

当時のアメリカ人で、黒人たちの文化や音楽などに興味のある者はほとんどいませんで
した。

おしひしがれた奴隷生活の抑圧と哀しみをギターやバンジョーの弾き語りで歌う「ブルー
ズ」。(P23)

18世紀産業革命(イギリス)
1776年 アメリカ独立宣言

1861年 南北戦争→リンカーン奴隷解放宣言

19世紀中頃に「ブルーズ」は、アメリカ全土に広がって行きます。
(クレオール文化)

17世紀初めから始まった奴隷貿易ですが、250年の時を経て黒人音楽の
3つの柱がここでそろいます。

・ブルーズ
・ラグタイム(スコットジョプリン 映画スティング エンターテイ
ナーが有名)
・ジャズ

Ragtime Piano : SCOTT JOPLIN . " The Entertainer " (1902)

posted by さっとん at 20:07| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索